ドコモ社長、発火問題のGalaxy Note 7にコメント「当初は発売を検討していたが...」

ドコモ社長、発火問題のGalaxy Note 7にコメント「当初は発売を検討していたが...」

  • Engadget
  • 更新日:2016/10/19
No image

「当初はラインナップに含めることを検討していたが」──そう語るのはNTTドコモの吉澤社長です。発火問題で生産終了となったサムスンの最新スマートフォン Galaxy Note 7に関して、2016-2017年 新サービス・新商品発表会の場でコメントしました。Galaxy Note 7は、サムスンが8月にグローバルで発売したフラグシップスマートフォン。Galaxy S7 edgeをベースに、デザインや仕様をブラッシュアップし、スタイラスのS-Penや虹彩認証、防水・防塵にも対応したモデルです。ハードウェアに関して海外で高い評価を得ており、日本ではNTTドコモとauが発売を予定していましたが、発火問題により幻に終わった経緯があります。

速報:サムスン「Galaxy Note 7」発表。初の防水防塵にデュアルエッジ、虹彩認証、USB-C採用

No image

Galaxy Note 7について、NTTドコモの吉澤彰社長は、2016-2017 新サービス・新商品発表会の場で次のように語りました。「Galaxy Note 7は、我々もラインナップにいれることを検討していました。電池か回路か原因ははっきりしませんが、そういう(発火)状況になったので、取り扱わないという判断をしました。また、サムスンからも日本での販売は見送りたいという話もありました」

Galaxy Note 7生産終了までの経緯をまとめ:山根博士の海外スマホよもやま話

サムスンGalaxy Note 7、旅客機持込に対して最大10年の懲役刑

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本のAmazonで2016年に一番売れたモノ各カテゴリー別全まとめリスト
天才ハッカーが市販車を「自動運転カー」に変える改造キットの制御ソフトをオープンソース化、誰でもダウンロード可能に
Googleお役立ちテクニック - Gmailをサクッと処理するショートカットキー
USBポートに挿すだけでガジェットを完全に破壊する恐怖の「USB Killer」をiPhone・MacBook・Pixel・GoProなどで一斉に使うとこうなる
年末のAmazon祭り! 「サイバーマンデーウィーク 2016」 6日からスタートです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加