浦和、準々決勝は開催国代表アルジャジーラと対戦

浦和、準々決勝は開催国代表アルジャジーラと対戦

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/07
No image

前半38分、先制点を決めたFWロマニーニョ(右)(ロイター)

<クラブW杯:アルジャジーラ1-0オークランド>◇1次リーグH組◇6日◇アルアイン

アジア王者の浦和レッズの準々決勝の相手は開催国代表のアルジャジーラ(UAE)となった。

アルジャジーラは開幕戦でオセアニア代表のオークランド(ニュージーランド)と対戦し、前半38分、FWロマニーニョが豪快な右足ミドルシュートで決勝点を奪い、1-0で勝利した。オークランドDF岩田卓也は後半39分までプレーした。

浦和はアルジャジーラとは9日(日本時間10日未明)に対戦。勝てば欧州王者のレアル・マドリード(スペイン)とぶつかる。

本田圭佑が所属する北中米カリブ海王者のパチューカ(メキシコ)は9日の初戦で、アフリカ代表のウィダド・カサブランカ(モロッコ)と対戦。勝てば準決勝で南米覇者のグレミオ(ブラジル)に挑む。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
先制弾スアレス 試合振り返る
レアルが初練習=クラブW杯サッカー
別メニューの遠藤に代わり先発か...浦和DF森脇「自分が出てもやれるところを見せたい」
レアル 総力戦でCWCに挑む
長友、3番手降格危機も辛辣な伊メディアが高評価 「一番最高のプレーを見せていた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加