あの頃これが欲しかった!テレビショッピングCM黎明期の迷作健康器具「ぶらさがり健康器」

あの頃これが欲しかった!テレビショッピングCM黎明期の迷作健康器具「ぶらさがり健康器」

  • @DIME
  • 更新日:2017/10/13
No image
No image

(以降の画像はyoutubeから引用https://youtu.be/LGE2SN8qaog

テレビ番組上で、視聴者に商品の購入を促す番組である「テレビショッピング」。

番組の出演者が商品の紹介をしながら、価格などを掲示して、その後申し込み方法を案内して販売を促進します。

取り扱い商品は実に様々。電化商品、日用品のみならず、金融商品やツアー、保険、健康器具まで扱われることもあるようです。

ちなみに、1970年頃に、フジテレビジョン生活情報番組「東京ホームジョッキー」で放送されたのが、日本初のテレビショッピングだと言われています。

現在に至るまで隆盛を誇っているテレビショッピングですが、その黎明期に、一際(ひときわ)異彩を放つ、個性的な商品のCMがありました。

さて、その商品の名前とは・・・・。

ぶらさがり健康器。

No image

ぶらさがり健康器は、体重を支えられる器具に1日1分程度ぶらさがることで背筋を伸ばし、肩こり、腰痛、内臓の疾患などに効果が「あるとされた」健康器具です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ぶらさがり健康法

以上。

No image

・・・と、ここで終わってしまっては、あまりに記事が短すぎるのですが、なによりこのぶらさがり健康器、語るべき内容がとても少ないのです。

今のところわかっていることとしては・・・。

●ぶらさがり健康器の健康理論の元となった「ぶらさがり健康法」は、日本体育大学教授、塩谷宗雄氏らによって考案され、1975年に月刊誌『壮快』に掲載されたのが最初とされる。

※月刊誌『壮快』とは・・・老舗の健康雑誌として、様々な健康法を特集で紹介していますが、なかでも有名な健康法が、朝一番に排泄した尿を飲用する「尿療法」と言われています。
http://www.news-postseven.com/archives/20140401_247809.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BF%E7%99%82%E6%B3%95

No image

(飲尿の健康への寄与については、学的・医学的根拠はないそうなので、あくまでも自己責任となります。)

No image

●1978年、サンライズという会社がぶらさがり健康器「サンパワー」をテレビ通販で販売して大ヒット商品となった。価格は約4万円弱で当時の貨幣価値からすると相当な高額商品。それでも1日20万台以上売れた時もあったそうである。

なんといっても、ポールに1日1分弱ぶら下がるだけで、背筋が伸びて、腰痛も予防できて肩こりが解消する・・・という謳い文句だったので、コイツは凄いや!・・・と、誰もがこぞって購入したのですが・・・。

実際ぶら下がってみると・・・・

1分ぶら下がるのは相当キツい。こりゃ無理だ!・・・という訳であっという間にブームは終了。

No image

その後、ぶらさがり健康器は高価な物干し台と化しました。チャンチャン!

No image

あの頃これが欲しかった! テレビショッピングCM黎明期に人々の心に多大なる爪痕を残した健康器具「ぶらさがり健康器」。
この次はもっと洗濯物が干せるタイプを希望します!

※本記事は、あくまでも筆者の微かで不正確な記憶と主観に基づき、独断と偏見で飛躍した説明足らずで知識不足の実にテキトーな表現による中身のない単なる「エッセイ」であり、特定メーカーや機種、人物、趣味・嗜好・その他いろいろを貶める意図は全く御座いません。
※本記事に登場する、登場人物のキャラクターや言動は全てフィクションです。

文/FURU
デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描き兼ライター。電脳ネタがテーマの漫画を得意とする→http://www.furuyan.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「女の子のひとりエッチ」大調査!みんなはどんな風にしているの?頻度は?
【お値段以上すぎ】1690円のニトリ抱き枕、中毒者が後を絶たないワケ
取り間違えと盗みを防ぐ 持ち手がカスタムされた「盗まれにくい傘」が“キモい”ナイスアイデア
男がゾクッとする!「鳥肌の立つほど魅力的な女」のテクニック
ヨーロッパで温水洗浄便座が広まらない3つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加