小出降板映画、代役に大谷亮平

小出降板映画、代役に大谷亮平

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/11/14
No image

未成年女性との飲酒や不適切な関係で無期限活動休止中の俳優・小出恵介(33)が降板した映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(李闘士男監督)の代役に俳優・大谷亮平(37)が決まった。昨年初夏にクランクアップしていたが、今冬に必要部分を再撮影する。また、公開は18年初夏に決定した。

映画は、同名漫画が原作で、女優の榮倉奈々(29)と俳優・安田顕(43)がダブル主演を務める。結婚3年目の夫婦(榮倉&安田)の独特なコミュニケーションを描く、一風変わったハートフル・ラブコメディー。大谷は、安田演じるじゅんの後輩・佐野を演じる。宮前泰志プロデューサーは「監督を交え、深い話し合いができています。より良い作品にしていくべく準備中ですが、完成は私自身も楽しみにしていますし、ご期待いただければと思います」と意気込みを新たにしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
HKT48全員主演映画 48本11時間 一挙公開! 指原もビックリの6周年企画
エクソシストと現代人のメンヘルとの関係性は? ドキュメンタリー映画『悪魔祓い、聖なる儀式』
「HKT48×48人の映画監督たち」 ゾンビ役に、ストーカー役「難しかった」
11月24日の注目映画第1位は『鋼の錬金術師』
『GOTHAM』ダヴィード・マズーズ、新作映画『ドクター・エクソシスト』でも絶賛の嵐!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加