春はボロボロだった韓国。レジェンド宣銅烈は稲葉ジャパンに勝てるか

春はボロボロだった韓国。レジェンド宣銅烈は稲葉ジャパンに勝てるか

  • Sportiva
  • 更新日:2017/11/13

10月12日、『アジアプロ野球チャンピオンシップ』(11月16日に開幕)の公式記者会見に姿を見せた韓国の宣銅烈(ソン・ドンヨル)代表監督は、以前よりもふくよかになった印象を受けた。

No image

2020年の東京五輪まで韓国代表の指揮を執る宣銅烈監督(写真右)

彼がKIAタイガースの監督を辞めたのは2014年。その後、KBO(韓国野球委員会)において顧問的なポジションで仕事をこなしてきた。その間、2015年には『プレミア12』で韓国代表の投手コーチを務め、チームの優勝を支えた。今年3月に開催された第4回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)でも投手コーチとして参加した(韓国は1次ラウンド敗退)。とはいえ、日常でグラウンドに立たなくなったのは事実。彼のふくよかさは、そんな時間の経過を感じさせた。

宣銅烈が韓国代表の監督に決まったのが今年7月。韓国でも日本の侍ジャパンの常設化を参考に、大会ごとに監督を選任するのではなく、中長期的な視点で監督を選び、チームづくりを行なうことになっていた。

その背景にあるのは、近年、韓国代表の国際大会での成績が芳(かんば)しくないという事実だ。前述したように、プレミア12には優勝したが、WBCでは2大会続けて1次ラウンドで敗退するなど波が大きい。

いずれにしても、東京五輪で野球が復活することが決まり、韓国としては何らかの対策を講じる必要性が高まったというわけだ。そのひとつが代表監督の専任であり、宣銅烈の起用だった。

宣銅烈も侍ジャパンの稲葉篤紀監督と同様に、3年契約で東京五輪まで指揮を執るという。両者で異なるのは、宣銅烈は来年8月にジャカルタで開催されるアジア大会でも采配を振るうことだ(日本は社会人中心の編成になるため、稲葉監督は就かない予定になっている)。

投手コーチとして多くの国際大会を経験し、韓国の国内リーグでも10シーズン監督を務めているだけに、その手腕を疑うメディアやファンは少ない。

宣銅烈は現役時代、まさに韓国の英雄だった。投手として国内の記録を次々に塗り替え、「もうプレーする意味がない」と本人が語るほど、無敵を誇った。1996年に日本プロ野球の中日ドラゴンズに移籍。ここでも絶対的守護神として活躍し、1999年にはリーグ優勝に貢献した。

当時、韓国国内での彼の注目度は異常ともいえる高さだった。日本における野茂英雄やイチロー……いや、それ以上のものだろう。

とはいえ、いま韓国代表でプレーする選手たちは、彼のことを知識としては認識しているが、実際にプレーを見たことのない世代だ。ましてや、今大会のように24歳以下となれば、親と子ほどの年齢差がある。いかにカリスマ性のある宣銅烈だとしても、それだけで選手を掌握し、鼓舞することは難しい。では、指導者としての彼の武器とは何か?

それは”感覚”だ。もちろんデータも重視するが、宣銅烈は現場の感覚を何よりも大切にする。

その象徴と言えるのが”継投”だ。自身、先発完投型(全盛期は先発完封型)から、晩年は抑えとしての実績も長い。そのため継投には絶対の自信を持っている。先発投手のコンディションとブルペンでの球筋で、その試合での投球をイメージする。そこに相手打線を重ね合わせ、ときには球審のクセや特徴も加味し、何イニングまで投げさせ、その後の継投をどういった顔ぶれでつないでいくかを試合前の段階でシミュレーションするのだ。

実際、冒頭に記した記者会見でも「(采配は)試合が始まってからの感覚で決めていく」と口にしていた。

国内リーグの監督を離れてから3年が経ち、選手も子どものような若い世代。感覚を重んじるとはいえ、下支えとなる情報は少ない。大会前に韓国で練習試合を3試合してから来日するが、そこでどれだけ新しい情報を仕込めるのか。

そんな宣銅烈の一助となるのがコーチ陣だ。侍ジャパンでは、稲葉監督の日本ハム時代の同僚がコーチに多く、一部で「お友だち内閣」と言われているが、宣銅烈も親しい人材を集めた。かつて中日でも活躍した李鍾範(イ・ジョンボム)は、コーチ経験はないが宣銅烈の強い希望で入閣した。

ただそれ以外のコーチたちは、なかなかのプロフィールを持っている。投手コーチは現役時代の先輩格である李強喆(イ・ガンチョル)を招いた。こちらは李鍾範と異なり、2008年から3球団にわたって投手コーチを歴任。今季も斗山(トゥサン)ベアーズで二軍投手コーチを務めてきた。若い投手陣は教え子同然に掌握しているだろう。

陳甲龍(チン・ガビョン)バッテリーコーチは2015年に引退したが、現役時代は韓国を代表する捕手として活躍。国際大会でも数多くマスクをかぶった。また、今季はソフトバンクでコーチ研修するなど、将来の監督候補筆頭の存在だ。

さらにブルペン担当には、元巨人の鄭珉哲(チョン・ミンチョル)を加えた。彼もまた、日本でのプレーを通じて海外の選手と戦う感覚を共有している。

今大会はもとより、「代表チームというものをいかに育てていくか」というのがこれからの戦いで見えてくるかもしれない。宣銅烈監督率いる韓国が、そんな変化をしていく過程を見るのも興味深い。

■プロ野球記事一覧>>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ミキハウス・木村社長、阪神V&福留MVPならビッグプレゼント約束!
広島「°C°C°C」3連覇、日本一へドドドォー!!!
【野球】阪神・石崎が“剛球”で未来切り開く 155キロ、ストレートの秘密
どん底味わった2人の男、最下位ロッテに加入 新風吹かせるか
ハマスタレジェンドマッチは佐伯に始まり、佐伯に終わる!?『TEAM 1998』が逆転勝利で熱戦を制す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加