ダムド、レヴォーグ 用可動式スポイラーなどを東京オートサロン2018に出展

ダムド、レヴォーグ 用可動式スポイラーなどを東京オートサロン2018に出展

  • レスポンス
  • 更新日:2018/01/13
No image

ダムドブース(東京オートサロン2018)

もっと画像を見る
2018年1月12日に開幕した東京オートサロン2018の会場において、映画『ワイルドスピード2』のカスタマイズで一躍有名となったエアリパーツメーカーの「ダムド」が、SUBARU(スバル)『レヴォーグ』用の新型可動式アンダースポイラーを初出展。

また、スピードやエンジン回転数、さらにはサーキットのラップタイムまで表示可能な液晶を備えたハンドルキットも初出展した。

可動式スポイラー「DAMD Movable Aero Aynamic System」は、電動であることが特徴。展示品はプロトタイプだが、市販品は車内から任意にセットできるほか、自動にもなるという。車速に応じて風の流れを変えることにより、車体の安定性の向上が期待できるだけではなく、それ以上に楽しいし視覚効果が得られるアイテムだ。

また、液晶を備えたハンドル「DAMD Performance Steering Wheel」は、2年前にコンセプトモデルは発表されていたが、今回、市販品が完成。スバルやマツダ、トヨタの車種に対応する。エンジンのレッドゾーンをLEDで表示するほか、車速や残燃料、水温や油温など様々な情報が表示されることにより、運転席まわりに追加メーターを減らせ、何よりスポーティさを向上させてくれる画期的なものだ。

ダムドのブースには、上記の2アイテムをまとったスバル・レヴォーグを展示中。ダムドならではの、迫力かつスタイリッシュなエアロカスタマイズを間近で見ることができる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
この冬最注目のスマホ『HUAWEI Mate 10 Pro』の実力を動画で解説!
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! 900円台のPCバッグや折りたたみチェアがお買い得に
【!?】ダイソー200円イヤホン、ひと手間で「3万円クラスと戦えるようになる」説が話題
スーパースローでブラウン管テレビの写り方を撮影するとどんなふうに見えるのか?
「グノシー動画自動再生機能」の設定方法について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加