ビットコインの仕組みを文系の人にわかりやすく伝えるには?

ビットコインの仕組みを文系の人にわかりやすく伝えるには?

  • 文春オンライン
  • 更新日:2017/11/13
No image

『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』(大塚雄介 著)

国のような特定の中心を持たず、参加者同士の信用で成り立つ仮想通貨。本書はその中で最もポピュラーなビットコインの特性と、その安全性・信頼性を担保するための特殊技術であるブロックチェーンをわかりやすく解説している。ビットコインの盛り上がりとともに売れ続け、ベストセラーとなった。著者は日本で業界最大手の仮想通貨取引所の取締役を務める俊英。

「仮想通貨ビジネスには、ITや金融の知識がなければ理解できない理系的側面、それを投資家など一般人に分かる言葉で説明できる文系的側面が求められます。著者はどちらにも造詣の深い、まさに仮想通貨のエヴァンジェリスト(伝道師)。類書は多いですが、文系の人でも簡単に、大づかみにこの分野を理解できるのはこの本だけと思います」(担当編集者の千葉正幸さん)

魅力的な投資の対象であり、また、海外に送金する際に銀行を介するより手数料が少なく済むなど、仮想通貨には様々な利点がある。しかしなぜ今、こんなにも注目を浴びているのか。

「ひとつは税や不正取引に関する法整備が進み、仮想通貨を取引するハードルが下がった点があると思います。もうひとつは現金からクレジットカード、ウェブ払い……とお金に対する意識が変化して来た中で、仮想通貨のように実物がなく、数字だけをやりとりするものに多くの人は抵抗がなくなりつつあるからではないでしょうか」(千葉さん)

2017年3月発売。初版1万2000部。現在8刷5万2000部

(前田 久)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
赤字のメガネスーパーを復活させた「プロ社長」の経営者人生
三菱商事、東芝、メガバンク...大手企業を辞めた20代若手社員はどこに消えたのか? 先端テクノロジーに惹かれる若者たち
東芝、さらなる債務超過膨張リスク浮上...メモリ事業を失えば「東芝消滅」の可能性
毎年車検で荷台はむき出し!それでも『ハイラックス』が売れる理由
ランボルギーニ、特別な「ウラカン」をローマ法王に寄贈
  • このエントリーをはてなブックマークに追加