イチョウ伐採に住民反発 「五輪のため、おかしい」

イチョウ伐採に住民反発 「五輪のため、おかしい」

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19
No image

住民の反対意見が相次ぎ、計画が見直されることになりました。道路を整備するため、東京オリンピックまでにイチョウ並木を伐採する計画に待ったがかかりました。

東京・千代田区の区道「神田警察通り」では、自転車走行のスペースを整備するため、沿道のイチョウなどが伐採される予定でした。ところが、7月下旬に一部の木で枝が切り落とされた際に「東京オリンピックのために伐採されるのはおかしい」などと住民たちの反対が相次いで工事は一時、中断していました。その後もイチョウ並木の保存を求める陳情が区議会に相次ぎ、区議会は17日に整備内容の見直しなどを区に要望しました。区の道路公園課は「安全上、切らざるを得ない樹木もあるかもしれないが、今のイチョウを残すように、年内をめどに見直したい」としています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
3時間超の謝罪会見で“露呈”したDeNAの「無責任体質」
今年はダブルで注意が必要? ノロウイルスの傾向と対策
“仮面ライダー”松田悟志、お手柄!妻盗撮男を現行犯逮捕
【報ステ】嘘の供述調書作成...麻薬取締官を逮捕
交際相手の父親ら4人殺傷、韓国籍の男に懲役28年
  • このエントリーをはてなブックマークに追加