11月の新車総販売台数は7.4%増と3か月ぶりプラス

11月の新車総販売台数は7.4%増と3か月ぶりプラス

  • レスポンス
  • 更新日:2016/12/02
No image

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が12月1日に発表した11月の新車販売統計(速報)によると、総販売台数は前年同月比7.4%増の41万7602台となった。3か月ぶりのプラスで、今年の月次では最も高い伸び率となった。

総台数のうち登録車は、13.9%増の27万3042台と8月から4か月連続で増加した。2ケタの伸びは今年初めて。メーカー別では『セレナ』による新モデル効果が出ている日産自動車が45.0%伸ばし、2位に浮上した。新型『インプレッサ』の富士重工業(スバル)も同様に24.9%増と好調だった。

一方、長期の落ち込みが続く軽自動車は、3.0%減の14万4560台と15年1月から23か月連続での落ち込みとなった。メーカー別では燃費不正問題から回復している三菱自動車が31.0%増と大幅に伸ばした。ただ、同じ影響を受けた日産の方は登録車にシフトしていることもあり、逆に31.0%減と落ち込みが続いている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小田急電鉄「EXEα」30000形リニューアル車両試乗会2月実施、親子100組招待
リスクを抱える前に......「空き家対策」4つの選択肢
「牛すじ煮込み」6500個回収=加熱殺菌が不十分-エスフーズ
ドッペルギャンガー、車載が簡単な20インチ折りたたみ自転車を発売
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
  • このエントリーをはてなブックマークに追加