NEXCO西日本、高速道路のSA・PAのコンビニ20ヶ所を1ヶ月弱営業休止

NEXCO西日本、高速道路のSA・PAのコンビニ20ヶ所を1ヶ月弱営業休止

  • Traicy
  • 更新日:2018/02/16
No image

NEXCO西日本と西日本高速道路サービス・ホールディングスは、高速道路上のサービスエリア(SA)、パーキングエリア(PA)にあるコンビニエンスストア20ヶ所の営業を、1ヶ月弱の間休止する。

3月末日で契約期間が満了するコンビニエンスストアが対象で、名神高速道路の黒丸PA(上り線)と草津PA(上下線)、近畿自動車道の東大阪PA(下り線)、中国自動車道の社PA(上り線)、山陽自動車道の三木SA(上り線)、白鳥PA(下り線)、奥屋PA(上り線)、佐波川SA(上下線)、高松自動車道の府中湖PA(上り線)、徳島自動車道の吉野川SA(下り線)、九州自動車道の須恵PA(上下線)、基山PA(下り線)、玉名PA(上下線)、山江SA(上下線)、第二神明道路の垂水PA(下り線)にある20ヶ所。

営業休止期間は4月1日から4月下旬まで。ゴールデンウィーク前にはテナントを「セブン-イレブン」営業を再開する予定。佐波川SA(上り線)のシャワーステーションも営業を休止する。

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
パチンコホール、「出玉規制」で倒産激増?ヘビーユーザー離れの危機、大手は異業種参入も
あきらめるのはまだ早い!「医療費控除」は10万円以下でもOK
デジタル時代のシニアに向けて老眼対策のハイテク化が進行中
どう見てもレーシングマシン!?なのに公道を走れる国産スーパーカー『IF-02RDS』【今すぐ買える!普通じゃないクルマ&バイク】
「軽自動車より中古ゼロクラウン」が経済的に賢い選択だと考える現実的な理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加