碧山 14日から休場 右脚関節捻挫で全治1カ月

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/14

大相撲東前頭11枚目の碧山(31=春日野部屋)が右脚関節捻挫(じんたい損傷)のため3日目の14日から休場することになった。この日、日本相撲協会に診断書を提出。全治1カ月の見込みで、今場所の復帰は厳しいとみられる。

碧山は前日13日の取組で隠岐の海に寄り倒された際、右脚を痛めて車いすで運ばれ病院に向かった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
白鵬「ビール瓶で殴ってない」表沙汰にしないはずだった?モンゴル内輪ゲンカ
【報ステ】沈黙続ける貴乃花親方...改革と孤立2
焦点は「貴乃花親方」に移った 日馬富士問題、続く非難と憶測の応酬
ビール瓶暴行の日馬富士“酒乱の先輩”朝青龍からも注意されていた「酒癖」
通称「モンゴル銀行」? 日馬富士がビール瓶暴行の“モンゴル力士会”に、八百長説も......
  • このエントリーをはてなブックマークに追加