巻き添え死亡女性の遺族が提訴 調布・小型機墜落

巻き添え死亡女性の遺族が提訴 調布・小型機墜落

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/13
No image

動画を見る(元記事へ)

東京・調布市の小型機墜落事故で、娘を亡くした母親が損害賠償を求め提訴しました。

おととし7月、小型機が調布飛行場を離陸直後に住宅街に墜落し、鈴木希望さん(当時34)が自宅で巻き添えになり、死亡しました。希望さんの母親の宏子さん(61)は13日、機長が最大重量を守らなかったことなどが事故の原因だとして、機長が所属していた会社などに対し、約1億1000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴しました。また、フライトの実態は「遊覧飛行」だったとして、調布飛行場を管理する東京都にも支払いを求めています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ニュース番組が「危険動物が出現!」と中継 → カメラが映した動物にネット民から総ツッコミ「危険ちゃうやん」「動物の表情が最高」
父の手作りケーキで娘死亡 アレルギー警戒も...なぜ
カップヌードル公式が暴露した、広告作成の過程がぶっ飛びすぎ!
立憲民主、なぜ勢い?=希望と一線「筋通した」の声【17衆院選】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加