バレー女子日本は7敗目 フルセットの接戦も及ばず

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/06/13

<バレーボール:女子ネーションズリーグ1次リーグ第5週ポーランド大会>◇第1日◇12日◇ポーランド・バウブジフ

世界ランク6位の日本は同22位の地元ポーランドに2-3(25-18、15-25、16-25、25-21、14-16)で敗れ、通算成績は6勝7敗となった。ポーランドは7勝6敗。

日本はこの大会からメンバーに復帰した古賀紗理那(22=NEC)、黒後愛(19=東レ)らの活躍で第1セットを先取したが、ポーランドのサーブ、ブロックに勢いを止められて続く2セットを失った。第4セットは9-16のビハインドから古賀のサーブ、芥川愛加(27=JT)のブロック、新鍋理沙(27=久光製薬)のスパイクが決まって逆転。最終セットはサイドアウトの応酬の接戦になったが及ばなかった。

大会は16カ国が総当たりの1次リーグを戦い、27日からの決勝ラウンドでは開催国の中国と上位5カ国が優勝を争う。日本はすでに決勝ラウンド進出を逃している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
チリッチが2回戦突破。クエリーとの準々決勝へ[男子テニスATPワールドツアー500 ロンドン]
キリオス 決勝目前で敗退
「Next Gen ATP ファイナルズ」から半年、期待の若手たちの今シーズンの戦績(前編)
バブリンカ、世界30位から200位以下に大幅後退「下部大会でも何でも出る」
スイトリナ 4強入りならず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加