コナー・マクレガー レフェリーとのトラブルで処分の可能性 ライセンスはく奪も

コナー・マクレガー レフェリーとのトラブルで処分の可能性 ライセンスはく奪も

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

総合格闘技UFCのライト級王者コナー・マクレガー(29=アイルランド)に罰金、出場停止、もしくは選手ライセンスはく奪の処分が科される可能性があるという。英紙デーリー・テレグラフ(電子版)が11日に報じた。

No image

コナー・マクレガー (AP)

マクレガーは10日にアイルランドのダブリンで開催されたベラトール187においてレフェリーとトラブル。同郷選手がKO勝利すると、勢いよく駆け寄ってハグを交わしたが、レフェリーに引き離されると激高。指を差しながら何やら言葉を浴びせ、さらに背中を押す暴力行為も見られた。

これを重く見た同イベントの責任者マイク・マズーリ氏は同紙に対して「マクレガーは格闘技というスポーツよりも大きな存在にあらず。いま言えるのはそれだけ」とコメント。プロボクシングと総合格闘技を統括する団体、ボクシング・コミッション協会の会長も務めるマズーリ氏は処分を示唆していたという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
矢吹純、待望のタイトルマッチ「平常心で」 “20歳のJK”は「ラストチャンス」
長谷川穂積氏、神戸マラソンで完走4時間38分10秒も「3時間半でも走れそう」
王者オカダと内藤哲也1・4東京D大会前哨戦が開幕
【スポーツ】“薬師寺保栄の秘蔵っ子”“山中慎介の後輩”世界王者を夢見る逸材たち
ボクシング 初メーンの山下賢哉は計量一発クリア「力ずくで倒します」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加