ケンイチ「演じるより見る方が楽しい」

ケンイチ「演じるより見る方が楽しい」

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/09/15
No image

劇団☆新感線の話題の舞台「髑髏城の七人Season風」のプレスコールが15日、東京・江東区のIHIステージアラウンド東京で行われた。午後6時からの初日開演に先立って、午後1時から行われ、松山ケンイチ(32)、向井理(35)、生瀬勝久(54)、田中麗奈(37)、岸井ゆきの(25)ら主要キャストが登場した。

今年3月から“花・鳥・風・月・極”とシーズンごとにキャスト、演出、脚本を変え、来年までロングランする。今作は織田信長亡き後の戦国時代を描く歴史劇で、松山は主人公・捨之助と敵役・天魔王を1人2役。「信長の二面性を捨之助と天魔王で演じているように感じています」と話しつつ、「2幕がしんどい」や「(360度回転する舞台)に演じるより見る方が楽しいです。確実に」とホンネも。見どころとして「『蒼の乱』を見ていただいている方にはハッとする場面もあります。よろしくお願いします」とコメントした。

同劇団初参加となる田中は「ハイスペックな人々が集まる学校に転校した気分。このチームでこれからどんどんエネルギーを上げてお客様とともに最高の舞台を作りあげて行きたい」と意気込みを見せた。

11月3日まで上演。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元SMAPメンバー、キムタク以外はいばらの道! ジャニーズが来春に“報復”を開始する!!
元SMAPの3人の「新しい地図」にファン騒然 「中居と木村を裏切った」と非難の声も
「安室ちゃんを利用するな」 ユッキーナの「泣き動画」が大炎上
ロンブー田村淳、特番で“人生を賭けた”重大発表!
「矢口真里の元ダンナ」中村昌也、目も当てられない惨状と次に選んだお相手!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加