錦織圭、プレッシャーに弱くなった? メンタル面に課題も...

錦織圭、プレッシャーに弱くなった? メンタル面に課題も...

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/08/11
No image

苦境に立つ錦織は現状打破できるか?(写真:getty Images)

先日のロジャーズ・カップでの対ガエル・モンフィス戦を見ながら、昨年3月のマイアミ・オープンで、錦織圭がやはりモンフィスとの死闘を制した後に残した言葉を、ふと思い出した。

「イーブン(五分のスコア)になった時のことを考えて、気持ち的に準備しておかなくてはと思っていた」

この試合での錦織は、第3セットで先にブレークし、その後もブレークのチャンスを掴みながらも、取り切れぬもどかしい戦いを強いられた。実際にこの後、窮地を脱して勢いに乗るモンフィスに追い上げられ、3連続マッチポイントを握られる絶体絶命の危機にも瀕している。しかし、その窮状の中で錦織が考えていたことというのが、前述の言葉だった。

好機を逃して落胆するのではなく、相手の逆襲を予測し、それに備え思考を整理し、心を整える――。

結果、この試合での錦織は5本のマッチポイントを凌ぎ、薄氷の勝利をもぎとったのだった。

それから、約1年半……。第2セットで5-2のリードから追い上げられた時、あるいはファイナルセットでブレーク先行しながら追いつかれた時、そしてタイブレークで6-2と4連続マッチポイントを握りながら猛追を許した時にも、錦織が昨年のモンフィス戦後に残した言葉が思い出された。

だが、この日の試合では、いずれの局面でも最終的に逆転を許す。特に最終セットのタイブレークでは、ダブルフォールトを機に、試合の流れと自信を手放してしまった。剣が峰で脅威の守備を見せたモンフィスの集中力は凄まじかったが、錦織が決めるべきポイントを決めきれなかった感も強い。1年前のリオ五輪での対戦時にも、やはりマッチポイントを凌いで勝利した姿と対照的な今回の敗戦は、錦織が今置かれた状況を、克明に浮かび上がらせるようだった。

「大切なポイントを、どう取りきるか」

これは錦織が、昨年末あたりから頻繁に口にしている課題である。

「メンタルの問題だと思う」

そうも彼は繰り返してきた。そもそも錦織は、ツアー内でも“勝負強い”“逆境でこそ力を発揮する”との評価を得てきた選手である。それは単なる印象ではなく、ブレークポイント阻止率や最終セット獲得率等から算出する“プレッシャーに強い選手指数”で昨年度は4位、キャリア通算でも現役選手中5位であることからも明らかだ。

ところがその順位が、この1年間(52週)に限ってみると、18位にまで落ちている。錦織が最近覚えている「大切なポイント」を取りきれないという感覚は、数字が示す現実でもあるようだ。

それらの課題にどう向き合っているかを尋ねた時、今年3月末の時点で錦織は「試合から学ぶことが一番大きい。試合を振り返り、どういう気持ちだったか、どのような持ち方でやればよかったかというのを、コーチたちとよく話し合う」と即答した。本人やコーチ陣たちが、精神的な側面からも、課題の克服に取り組んでいるのは間違いない。

同時に、精神的な不安や自信は、技術と綿密に結びついている側面もあるだろう。

例えば今季の全仏オープンで優勝したラファエル・ナダルは、苦しいシーズンを送った2年前には「フォアに自信が持てず、試合中の緊迫した場面になると『フォアはどう打つのか、どのように腕を振るべきか』と考えてしまう」と繰り返していた。これらの独白はともすると、精神面の問題のように響く。だが、今季からナダルのコーチに就任した元世界1位のカルロス・モヤは、抜本的な問題は「打ち方」にこそあったと明言した。

「彼のフィジカルは変わっている。以前のような爆発的な強さは失われつつある。だから打ち方も変えなくてはいけなかった」

そこでナダルは昨年末、フォアハンドの微調整に取り組んだ。モヤらコーチが仔細にチェックするなか、まずは反復練習を繰り返し、徐々に実戦の動きの中に組み込んでいく。そうして今、再びフォアはナダル最大の武器となり、本人も「自信を取り戻せた」と断言した。

これと似た話を、実はアンディ・マリーも口にしている。今季はケガや体調不良で苦しいシーズンを送っている世界1位は、特に4、5月頃には「試合中に、どのショットをどこに打つべきか分からなくなり、焦って誤った判断をしてしまう」悪循環に陥っていたという。そこで彼が取り組んだのは、「ポイントパターン練習を、ひたすら繰り返すこと」。複数のパターン練習を重ねることで、やがては「考えなくても正しいコースにボールを打つ、“自動操縦モード”に入った」と彼は言った。

錦織が今抱えるもどかしさの原因と解決の糸口が、どこにあるかは分からない。ただ一つ確実に言えるのは、世界1位や複数のグランドスラム優勝を経験したナダルやマリーですら、同様の苦しさや壁に直面してきたことである。

そしてその度に、もがき、打開策を見つけたからこそ、彼らは今の地位にいるという事実だ。(文・内田暁)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“悪女”ならまだマシ! 錦織圭の彼女・観月あこがヤバいとされる理由
ディミトロフがデル ポトロに初勝利、杉田はカチャノフに逆転勝ち [ウェスタン&サザン・オープン]
錦織圭がシーズン残り試合を断念、サービス練習中に手首にはじけるような音
テニス関係者も「早く別れて!」 錦織圭の“交際相手”観月あこに悪評噴出のワケとは
ナダル テロ事件受け哀悼の意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加