中日若松が今季初勝利、ヤクルト小川完投負けで6敗

中日若松が今季初勝利、ヤクルト小川完投負けで6敗

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15
No image

中日先発の若松駿太(撮影・前岡正明)

<中日3-0ヤクルト>◇12日◇ナゴヤドーム

中日、ヤクルトともに2回に初安打が出たが続かなかった。若松、小川の両先発はリズムのいい立ち上がりを見せた。

中日は4回、大島の3号ソロで先制。力投する若松を援護した。ヤクルトは中盤も毎回走者を出したが得点できない。

中日は8回にゲレーロの29号2ランで加点し、逃げ切った。若松が今季初勝利、田島が26セーブ目を挙げた。ヤクルトは完投の小川を援護できなかった。小川は6敗目。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
20日の予告先発 ホークスVS楽天第3戦は辛島VS武田、DeNA濱口VS巨人畠
西武菊池の反則投球に回答「ハーフスイングと一緒」
西武・多和田 2戦連続完封 2位・楽天の背中見えた1.5差
山川V弾!多和田が2戦連続完封!西武、富士大トリオで2位に1・5差
  • このエントリーをはてなブックマークに追加