「3作の中で、本作が最高だと思う」『猿の惑星』シーザーを演じたアンディ・サーキスのインタビュー映像が公開

「3作の中で、本作が最高だと思う」『猿の惑星』シーザーを演じたアンディ・サーキスのインタビュー映像が公開

  • ガジェット通信
  • 更新日:2017/10/13
No image

高度な知能を得た猿たちの反乱、人類の文明崩壊、そして猿と人類の戦争という衝撃的なストーリーを描いた『猿の惑星』シリーズ。ついにクライマックスを迎える最新作『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』が、10月13日(金)より公開となります。

全米では『創世記(ジェネシス)』『新世紀(ライジング)』に続いて3作連続初登場第1位を記録。さらに全米批評家サイト「Rotten Tomatoes」の評価でも93%(10/11付)と高評価を得ている本作から、猿の本能と人間の心を併せ持つ主人公の猿シーザーを演じたアンディ・サーキスのインタビュー映像が到着。パフォーマンス・キャプチャーの第一人者が、シーザーへの思いを語っています。

『猿の惑星:聖戦記』アンディ・サーキスインタビュー映像!(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=0hm-acbuwyM

「本作は、シーザーにとって特別だ。人との戦争だけでなく彼の中にある戦争、つまり、内なる葛藤も描かれている。映画冒頭の出来事をきかっけに彼の中で地獄のような苦悩が始まる。復讐心を抱かざるを得ないような出来事だ。苦悩の過程で生まれて初めて彼は人に共感できなくなる。これまでとは全く違うシーザーが見られる。私も俳優としての新境地だった」と、シーザーの胸の内を明かすサーキス。

「早く観客に観てもらいたい。私は3部作の中で本作が最高だと思う。心揺さぶられる感動作で果てしなく規模が大きい」と、本作についての自信の程を明かしました。

いよいよ、地球は猿の惑星へ。誰も知らなかったクライマックスが遂に明かされます。

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』公式サイト:
http://www.foxmovies-jp.com/saruwaku-g/

(c) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
劇場公開への“ハードル”が高すぎる元SMAPメンバーの映画
ピエール瀧と川栄李奈が「KUBO」吹替版に参加!矢島晶子、田中敦子、羽佐間道夫も
川栄李奈、映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』で初の“直球の悪役”に挑戦。「とってもテンションがあがりました!」
10月17日の注目映画第1位は『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
川栄李奈、『KUBO』吹替で悪役に!「テンションがあがりました(笑)」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加