湘南、金子弾で高橋コーチ初勝ち点「魂を感じた試合」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/08/26

◇明治安田生命J1第24節 湘南1―1仙台(2019年8月24日 ユアスタ)

湘南は1―1で引き分け、チョウキジェ監督に代わって指揮を執る高橋コーチが初勝ち点を挙げた。先制されたが、後半31分に金子が起死回生のミドル。「いいところにこぼれてきた。勝ち点3を取りたかったが、1取れたのは次につながる」。

前節は鳥栖にアディショナルタイムに決められて敗れたが、高橋コーチも「自分たちがやれることを見つめ直して徹底した。みんな下を向かず、集中して魂を感じた試合だった」と、ホッとした様子だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
[関東]2位3位対決は桐蔭横浜大に軍配!次節は再び“2位3位対決”に「一個一個必死に」
播戸「悔いはない」 古巣・G大阪で引退セレモニー
FC東京MF橋本は代表帰りで先発フル出場(4枚)
マラソン東京五輪代表内定の中村匠吾、設楽の逃げにも「焦ることなく」余裕持ち勝負
J1大分7戦ぶり勝利 三平&伊佐、今季初ゴール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加