最新ランキングをチェックしよう
織田裕二の奇怪なキャラはとりあえず置いといて......『IQ246』推理劇としての“爽快感のなさ”

織田裕二の奇怪なキャラはとりあえず置いといて......『IQ246』推理劇としての“爽快感のなさ”

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2016/10/17

日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS)より
予告編公開のころから、よくも悪くも「なんだこの織田裕二は!?」と話題を呼んでいた日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)がスタートしました。初回視聴率は13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好発進です。
織田さん演じる主人公の名前は法門寺沙羅駆(ほうもんじ・しゃらく)、シャラク・ホーモンジ、シャーロック・ホームズですね。相棒

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大泉洋、『ハナタレナックス』制作に不満 「冗談みたいな金をよこしなさんなよ!」
『アンナチュラル』が死ぬほど面白い...近年のドラマでNo.1、「見ないと絶対に損」断言
広瀬すず「anone」視聴率急落はあの時の声のせい?
「主演は早かった」「フジが悪い」1ケタ低迷で打ち切り! “大爆死ドラマ”主演俳優3人のその後
木村拓哉『BG~身辺警護人~』スタッフが頭抱えた「身長差」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加