最新ランキングをチェックしよう
織田裕二の奇怪なキャラはとりあえず置いといて......『IQ246』推理劇としての“爽快感のなさ”

織田裕二の奇怪なキャラはとりあえず置いといて......『IQ246』推理劇としての“爽快感のなさ”

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2016/10/17

日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS)より
予告編公開のころから、よくも悪くも「なんだこの織田裕二は!?」と話題を呼んでいた日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)がスタートしました。初回視聴率は13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好発進です。
織田さん演じる主人公の名前は法門寺沙羅駆(ほうもんじ・しゃらく)、シャラク・ホーモンジ、シャーロック・ホームズですね。相棒

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「広瀬すずは超性格が悪い」クラスメイトの知人が生放送中に衝撃暴露!
自己最低7.5%も折り込み済み!?『貴族探偵』第6話で、なぜフジテレビは視聴率を“捨てた”のか
大江麻理子アナ『モヤさま』起用理由は「偶然空いてたから」衝撃秘話が続々
あなそれ、東出昌大“不倫反撃”に「怖すぎてヤバイ」
「完全にイカれてる...」ナスDの“あり得ない”姿に地元民も激しく警戒
  • このエントリーをはてなブックマークに追加