最新ランキングをチェックしよう
織田裕二の奇怪なキャラはとりあえず置いといて......『IQ246』推理劇としての“爽快感のなさ”

織田裕二の奇怪なキャラはとりあえず置いといて......『IQ246』推理劇としての“爽快感のなさ”

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2016/10/17

日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS)より
予告編公開のころから、よくも悪くも「なんだこの織田裕二は!?」と話題を呼んでいた日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)がスタートしました。初回視聴率は13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好発進です。
織田さん演じる主人公の名前は法門寺沙羅駆(ほうもんじ・しゃらく)、シャラク・ホーモンジ、シャーロック・ホームズですね。相棒

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ラストシーンの意味は?「カルテット」の“グレー”な最終回が大反響
松たか子主演『カルテット』最終話...4人を待ち受ける最後の“まさか”
吉高由里子が「タラレバ娘」番宣で坂口健太郎を突き飛ばし妊婦に激突の放送事故
沢尻エリカ「ドレス1枚でポロリもあった」と猛省
手越祐也「山下智久の呼び方変化」に、ファン騒然!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加