『この世界の片隅に』と『ひるね姫』アニー賞候補に!最多は『リメンバー・ミー』

『この世界の片隅に』と『ひるね姫』アニー賞候補に!最多は『リメンバー・ミー』

  • シネマカフェ
  • 更新日:2017/12/05
No image

『この世界の片隅に』(C) こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会&『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(c)2017 ひるね姫製作委員会

もっと画像を見る
アニメ界のアカデミー賞と呼ばれるアニー賞のノミネーションが公式サイトで発表された。作品賞を含む最多13ノミネートを受けたのは、ディズニー/ピクサー最新作で『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ監督が手掛けた『リメンバー・ミー』。続いて、アンジェリーナ・ジョリーが製作総指揮を務めて話題となった『The Breadwinner』(原題)が10ノミネートを果たした。

日本からは片渕須直監督の『この世界の片隅に』と神山健治監督の『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~ 』がインディペンデント作品賞にノミネートされた。この賞は2015年に創設された新しい賞で、「上映時間が45分以上」、「アメリカでの上映館数が1,000館未満」、「2017年1月1日から12月31日までの間に連続して5日以上ロサンゼルス郡で上映される」などの条件を満たした作品が対象となる。

日本の2作品とともにインディペンデント作品賞にノミネートされているのは、前述の『The Breadwinner』(原題)、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホをテーマとした『ゴッホ/最期の手紙』、フランスアニメの『The Big Bad Fox & Other Tales』(原題)。

第45回アニー賞授賞式は、2018年2月3日(現地時間)、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のロイスホールで開催される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『ブラックパンサー』変身シーン&アクション満載の日本版予告公開
第75回ゴールデングローブ賞ノミネート作品が発表!『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多7部門ノミネートに!
『スパイダーマン:スパイダーバース』2019年、日本公開決定 映像&画像解禁
「ハリウッド、いきまーす!」 ガンダムや春麗、キングコングたちが電脳空間で共演する夢の映画「レディ・プレイヤー1」予告映像公開
「スター・ツアーズ」特別版は「フォースの覚醒」&「最後のジェダイ」の一挙両得!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加