勉強にスマホを使わない子供は1割 - 人気の活用法は?

勉強にスマホを使わない子供は1割 - 人気の活用法は?

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/02/13
No image

NTTドコモはこのほど、スマートフォン(以下、スマホ)を持つ子供を対象に実施した調査結果を発表した。調査期間は2018年1月19~25日、調査対象はスマホを所有する12~18歳の個人、有効回答は1,204人。

○8割超が「勉強にスマホは有効」

勉強時のスマホの活用法を尋ねたところ、「特に勉強には活用していない」との回答は11.7%にとどまり、約9割の子供が何らかの形でスマホを勉強に活用していた。またスマホは勉強に有効だと思うかとの問いに対しては、81.2%が「有効だと思う」と答えた。

勉強時のスマホの活用法について詳細をみると、「わからないことをネットで調べる」が最も多く80.2%。次いで「わからないことを友達や知人に聞く」が45.3%、「読書アプリを活用する」が36.7%、「勉強用アプリを使用する」が29.0%、「分からないことをネット上で不特定多数の人に聞く」が15.9%となった。

TwitterやInstagramなどのSNSの活用法を聞くと、「ひまつぶし」が58.3%、「趣味など情報収集」が56.3%、「友達との連絡手段」が54.7%と続き、SNSは「単なる情報発信の場所としてだけでなく、『連絡手段』として認識されている」(同社)ことがわかった。

スマホ(携帯含む)を持っていない友達とのコミュニケーションに不便さを感じるかとの問いに対しては、65.3%が「不便だと感じる」と回答。同社は「スマホは大人社会だけでなく、もはや子供社会においても必須のツールとなっているようだ」と分析している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
米海兵隊が"PDCA"より"OODA"を使うワケ
うつ病の人が良く使う言葉には特徴がある。言語分析で「うつ語」の存在が明らかに(英研究)
【心理テスト】直感で選んだ石でわかる「あなたの真の性格」が的中率抜群! 近い将来変化が訪れる人も...!?
「一定間隔でドン、ドン! 上の階からだと思ったら、原因は下の階の『ある遊び』で...」(福岡県・50代男性)
マルチタスク、薄暗い照明、長い運転時間など。科学的に裏付けられた人間の知性を損なう10の事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加