入江亜季がアイスランドを舞台に描く探偵活劇「北北西に曇と往け」1巻

入江亜季がアイスランドを舞台に描く探偵活劇「北北西に曇と往け」1巻

  • ナタリー
  • 更新日:2017/10/13

「群青学舎」「乱と灰色の世界」の入江亜季による最新作「北北西に曇と往け」の単行本1巻が、本日10月13日に発売された。

No image

「北北西に曇と往け」1巻

すべての写真を見る(全11枚)

ハルタ(KADOKAWA)で連載中の同作は、アイスランドを舞台に描かれるヒューマンドラマ。車と意思疎通ができる不思議な青年・御山慧は、逃げた飼い犬を連れ戻す、ひと目惚れの相手を探すといった探偵仕事を引き受けながら、アイスランドにある祖父の家で暮らしていた。物語はそんな慧が、日本で暮らす弟・三知嵩と連絡が取れなくなっていることに気付いたことから動き出す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
冤罪少年が放り込まれたのは、有罪少年ばかりの学園刑務所「極刑学園」1巻
「ユーリ!!! on ICE」×『Numero TOKYO』! 勝生勇利、ヴィクトル・ニキフォロフ、ユーリ・プリセツキーをパリで独占撮影
ディーン・フジオカが桂木淳一役で出演する映画『坂道のアポロン』の特報が解禁
2017年10月21日:本日発売のコミック新刊
秒速で笑えるマンガ『そのままでいなさい』ボンレスマム|かわベーコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加