家の照明が勝手に点いたり消えたり、これ便利!? - Philips Hue モーションセンサーを体験

家の照明が勝手に点いたり消えたり、これ便利!? - Philips Hue モーションセンサーを体験

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/12/06
No image

未来の家屋では壁に照明のスイッチがなく、リモコンも使わず、人が点けたいとき勝手に点いて、消したいとき勝手に消えるようになります。と言ったら、驚きますか? しかし、照明器具メーカーや住宅メーカーはそんな未来を実現しようとしています。

フィリップスが12月6日に発表した、照明をコントロールするための新しいアクセサリー「Philips Hue モーションセンサー」は、まさにそんな未来を予感させる商品です。12月上旬に発売し、スマートLED照明「Philips Hue」を取り扱うオンラインストアや家電量販店などで販売。市場想定価格は税別4,400円となります。

Philips Hue モーションセンサーは、縦横55mm、重さ65gと、屋内のどこにでも置ける小型軽量なデバイス。センサーの前を人が通るのを感知し、照明をオンオフできます。

ただの人感センサー付き照明と違うポイントは大きく3つ。センサーの設置場所を気軽に変更できることと、センサーと照明器具が1対1ではないこと、そして環境や時間帯に合わせて調光や調色をあらかじめ設定しておけることです。

Philips Hue モーションセンサーの本体背面にはマグネットが備わっており、設置場所やセンサーの角度がカンタンに変更できます。対応する照明はPhilips Hueのみですが、複数のPhilips Hueをスマートフォンやタブレットから操作するための「Hue ブリッジ」を経由することで、ブリッジごとに最大12個までのPhilips Hueと連携します。

また、スマートフォンの専用アプリからの操作で、対応する照明の場所、照明の明るさや色などが設定できます。先に最大12個まで連携すると書きましたが、照明の設置場所ごとにグループを作り、最大3グループ(3部屋)まで同時に管理します。

例えば、寝室に設置するPhilips Hue モーションセンサーの場合、寝室の照明、廊下の照明、トイレの照明で3つのグループを作って登録することで、夜中にトイレに立つときにトイレまでの照明が先に点灯するといった使い方ができるのです。

照明は指定した時間が経過すると自動的に消灯するように設定できます。設定の操作はスマートフォンのアプリ上で行います。

先程のトイレの例であれば、2分間動きがなければ消灯するよう設定しておくことで、用を足して戻ってきたあと、あまり間をおかず自動で消灯するというわけ。

同じように、子ども部屋を30分や1時間の間隔で消灯するよう設定しておけば、受験などで子どもが遅くまで勉強する場合でも、明かりを点けっぱなしで寝てしまう心配がなくなりますね。

アプリ上では、何時から何時までを夜と見なすかを設定して、夜間だけ指定した設定をオンにすることもできます。日中は明るい昼白色、夜間は落ち着いた電球色と、自動で使い分けられます。さらに日光を感知して、明るく差し込んでいるときは照明の明るさを落として節電する、といった柔軟な運用が可能です。

マグネットとアプリを利用することで、設置場所や点灯方法を細かくカスタマイズできます。間取りや家具の配置、季節などに合わせて、納得がいくまで微調整したいですね

Philips Hue モーションセンサーの本体サイズは、W55×D55×H30mm(マグネットありは37mm)、重量は65g。モーション感度は距離5m以内の角度100度以下に対応。バッテリーは単4電池2本で約2~3年(標準で2本付属)。稼働距離は約12mとなっています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
50型4Kで4万9800円の液晶テレビが本日発売。直下型LEDパネルや低遅延モード搭載、メイン基板は日本製
重さ650g!バランス駆動対応の最強ポタアンMASS-Kobo『model404』
2000年の今日、縦型ザウルスのMI-E1が発売されました:今日は何の日?
iMac Pro発売!価格は約56万円から、最上位モデルは約150万円!
ポルノの主戦場が雑誌・DVDからオンラインへと進化することよって環境負荷が上がっている可能性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加