「触れるな危険!」注意書きにつられて水槽を叩いたところ、本気のホラーが待っていた。最近のバーチャルスクリーンって怖い!

「触れるな危険!」注意書きにつられて水槽を叩いたところ、本気のホラーが待っていた。最近のバーチャルスクリーンって怖い!

  • カラパイア
  • 更新日:2017/11/13
No image

進化するバーチャル体験などついてはこれまでもお伝えしているが、最近、アメリカのある博物館を訪れた男性が、心臓が飛び出るほど恐ろしい目に遭った様子がネット上を駆け巡っている。

サメが泳ぐ水槽を模した巨大なバーチャルスクリーン前には「触れる場合は自己責任で」という注意書きが書いてあった。

面白そうじゃん?それにつられて男性はスクリーンを触れてみた。するとどうだろう。まあ半分はわかっていたであろうがそれでもやっぱ想像を超えていたようだ。男性のリアクションがあまりにもリアルだったのである。

バーチャルでリアル!これが今世界で起きていることなのだ。

Touch at Your Own Risk

注意を読んでスクリーンを叩いた男性

水槽を模した大きなスクリーンでサメが泳ぎ回っている。そこに「触れる場合は自己責任で」という注意書きがあったらあなたはどうするだろう?

今回の男性は注意を読んだ上で、軽くスクリーンを叩いてみた。

が、何も起こらない

No image

image credit:youtube

なーんだ、どってことないじゃん!とさらに叩く男性
が、次の瞬間

サメがいきなり襲ってきた!!ちょ!嘘まじで!?

No image

image credit:youtube

驚きと恐怖でとっさに「水槽」から飛びのく男性

転んで尻もちをついたまま呆然の表情だ

No image

image credit:youtube

ツイッターを経由して男性のリアクションが話題に

ちなみにこの男性が訪れたのは米ワシントンD.C.にある国際スパイ博物館だった。

そこにはスパイにまつわるさまざまな展示があるが、このバーチャルシャークタンクは、ジェームズボンドの映画にあった深海に関するストーリーのインタラクティブなアトラクションだったようだ。

いつの間にかバーチャルにはまり込んでいた男性のリアクションはすぐさまネット上をかけ巡り、ツイッターユーザーの間ではお化け屋敷にぴったりだというコメントもあった。

No image

Spooky, scary, funny: Haunted house reactions https://t.co/NyIJM4sUJh
— NBC Chicago (@nbcchicago)
2017年10月22日
from Twitter

同様に、何かが起きるとわかっている場所でこれだけのリアクションが取れる人はあまりいないかもしれない、と感心する声も寄せられていたようだ。

また一方では彼の心臓を心配したのかこんなツイートもあった。

Hope there’s a defibrillator in the room
— William, it was really nothing, Bennett (@billbennettnz)
2017年10月30日
from Twitter

そこに除細動器(AED)があればいいのだが

非常ボタンへの誘惑に抗えない人々が共感

が、それから話は発展し、いつしかやってはならないことをしたくなる衝動を告白、彼に共感を示す人も出てきた。

He is the patron saint of all of us who cannot resist the "DON'T PUSH THE BUTTON" sign and I love him.
— Harriet Flashman (@HarrietFlashmam)
2017年10月29日
from Twitter

あの男の人は「押してはいけないボタン」の誘惑に抵抗できない私たちの守護聖人なのよ。私は彼のこと好きだなぁ

No image

I realised I have a photo of it. Text was a bit different, but same meaning:
— Veronica K. B. Olsen (@VeronicaInPink)
2017年10月30日
from Twitter

私もその気持ちわかる。このボタンとかさ、「非常ボタンが押せるまたとないチャンスですよ!」ってちょっと変だけど、意味は同じよね。

Oh, I couldn't resist either. I pressed it. It set of a not very loud alarm and a flashing red light for a few seconds.
— Veronica K. B. Olsen (@VeronicaInPink)
2017年10月30日
from Twitter

同意!私、そのボタン押しちゃったよ。大きな音はならないけど、赤いライトが何度か光るんだよ

その葛藤を表すようにこんな動画をツイートする人も

No image

Boooooooooi 🤗
— Jenny (@Schrottler)
2017年10月31日
from Twitter

なお、あの男性と同じようにサメを刺激した人はまだいたようだ

No image

@ me next time
— I moved on her like a b*tch. But I couldn't get th (@jennieology)
2017年10月31日
from Twitter

激しいリアクションへの称賛から共感、非常ボタンを押したくなる衝動まで、彼の動画を目にした人はさまざまな感想をもったようだ。

No image

image credit:youtube

まあ例えば子どものころ、非常ボタンって押したらどうなるんだろ?なんて素朴な疑問を抱いた人もいるかもしれないが、大きくなってもそんな衝動が抑えにくい人はこういうボタンで解消するといいと思うよ。

via:youtube/boingboing/distractify/wikipediaなど / translated by D/ edited by parumo

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ネタカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
40歳オッサン谷琢磨の「女装」があまりにも可愛すぎると話題に!
道路陥没事故の映像は善意の無償提供 「そんな時だけ善意」と有吉・マツコ疑問
タイミングも角度もバッチリな、決定的瞬間が面白い写真18枚
『奥様は、取り扱い注意』西島の心の声にネット民「やはりクロか...」
反省はしません!叱られたら言い返してくる柴犬
  • このエントリーをはてなブックマークに追加