日本漫画家協会 異例の声明で海賊版を強く非難「このままでは日本の文化が滅びてしまう」

日本漫画家協会 異例の声明で海賊版を強く非難「このままでは日本の文化が滅びてしまう」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/13

国内の漫画家が在籍し、「あしたのジョー」の作者として知られるちばてつや氏(79)が理事長を務める日本漫画家協会が13日、公式サイトで「海賊版サイトについての見解」を発表。「全く創作の努力に加わっていない海賊版サイトなどが、利益をむさぼっている現実があります」と海賊版サイトを強く糾弾した。

No image

日本漫画協会の理事長を務めるちばてつや氏

協会は、作り手側の意見として「パソコンや携帯電話など、デジタル技術が発達して、マンガの読まれ方はずいぶん変わりました。そして以前よりもずっと気軽に、容易く作品を手にしてもらえるようになっています。本当にすばらしいことだと思います」と漫画を取り巻く昨今の技術進歩に歓迎を示した。

一方で「でもそれには、作り手と、作品を利用するみなさんが、きちんとした『輪』のなかでつながっていることが大事です。残念ながら最近、私たち作り手がその『輪』の外に追いやられてしまうことが増えています」と指摘し、「その代わりに、全く創作の努力に加わっていない海賊版サイトなどが、利益をむさぼっている現実があります」と文章に怒りをにじませた。

そして、「世の中には、マンガ以外にもたくさんの作品があふれています。それらを観たり、読んだりするときに、その『輪』のなかに、創作した人たちがちゃんと一緒に入っているだろうか? と、ちょっと考えてみてくれませんか?」と読者に呼びかけ、「このままの状態が続けば、日本のいろいろな文化が体力を削られてしまい、ついには滅びてしまうことでしょう。そのことをとても心配しているのです」と漫画文化の将来への懸念をつづっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本日より予約開始!A.B.C-Z 戸塚祥太『ジョーダンバットが鳴っている』3月31日発売予定!
2018年2月20日:本日発売のコミック新刊
「なまいきざかり。」実写ショートムービー、水谷果穂&井阪郁巳がマンガを再現
お金の神様 第93回 有料トイレ
なろう発「薬屋のひとりごと」マンガ版1巻、「天穹は遥か」の倉田三ノ路が描く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加