ロッテ・伊東監督、来季去就について言及

ロッテ・伊東監督、来季去就について言及

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/13
No image

ロッテの伊東勤監督

「ロッテ-西武」(12日、ZOZOマリンスタジアム)

ロッテの伊東勤監督(54)が試合前、来季の自身の去就について触れ、「なにもないです。この成績を見て、皆さんがどう判断するかです」と語った。

5位の日本ハムとは1ゲーム差の6位(11日現在)。今季は開幕から4連敗のスタートで、5月には8連敗を喫するなど最下位が定位置となっていた。

だが、8月に入ってチームの調子も上向き、現在は4勝5敗。最下位脱出がやっと手の届くところまできた。

林球団本部長は、「まだなにも決まっていません」と伊東監督の来季の去就が白紙であることを明らかにした。

さらに、「新外国人に期待したが、そうならなかった。日本人選手も去年のパフォーマンスを出せなかった」と低迷の原因の一端を語り、さらに伊東監督の手腕についてはこう続けた。

「この1年だけでどうのこうのという判断ではない。高く評価している」と5年間で3度のAクラス入りを強調した。

だが、伊東監督も何度か『責任』という言葉を口にしており、その動向は流動的で去就の行方が注目される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
不祥事・山口が謝罪 本当に検討されていた契約解除
20日の予告先発 ホークスVS楽天第3戦は辛島VS武田、DeNA濱口VS巨人畠
明豊、20日準々決勝 対天理「絶対に勝ちたい」
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
西武・多和田 2戦連続完封 2位・楽天の背中見えた1.5差
  • このエントリーをはてなブックマークに追加