反対派に伝えたい、民泊の意義。私利私欲をはるかに越えたもの~金欠フリーライター、民泊をはじめる(9)

反対派に伝えたい、民泊の意義。私利私欲をはるかに越えたもの~金欠フリーライター、民泊をはじめる(9)

  • ハーバービジネスオンライン
  • 更新日:2019/02/23

前回から、世田谷区で民泊を続けているタエコとユイ(敬称略)の母娘にご登場いただいているわけだが、天下の悪法「民泊新法」が施行されるにあたり、一家にどのような影響があり、どのように動いたか、タエコの独白をそのまま再現したい。

No image

民泊を経営する、タエコ(右)とユイ親子

「おととしの11月でしたかね、『民泊新法』が可決されると聞いて、これからは正々堂々と民泊ができるようになるんだ、と喜びしかありませんでした。ところが中身を聞いてみると異様に厳しいものだということがわかってきて、しかも世田谷区ではさらに上乗せ規制までされると。これではいけないと思い、ホスト仲間で集まって対策を練るようになりました。

保健所の対応は悪かったですね。『違法民泊』に対する苦情が入っていて、まともな民泊との区別がついていなかったようで、民泊と名がつけば何でもダメみたいな態度でしたね。

区議会議員にも陳情に行き、『私たちがやっている民泊は全然違う。悪いところは何一つない』と訴え続けました。

国は180日に規制するという。そこに世田谷区はさらに「120日」とか言っていたわけです。国は動かせないかもしれないけど、世田谷の「120」だけは冗談じゃない、そこを崩していこうというのが私たちの目標になりました。

区は民泊の受付を3月15日から始めるとのことで、粛々と準備を進めていたのですが、そこでひっかかったのが消防法ですよね。

消防署に問い合わせると、『旅館業法に準ずる防災設備が必要だ』というわけですよ。たった120日しかお客さんを泊められないのに、そんな設備投資はできませんし、元々人が住んでいる場所ですから問題ないじゃないですか。

ここで私たちが声を大にして言いたいのは、『在宅ホストに悪徳ホストとか違法民泊はない』ということなんですよ。絶対に問題なんか起きるわけがないのですから。

ごみの問題とか、騒音の問題とか、在宅ホストの家では一件も起きていないわけですよ。もちろん、火事も殺人もあるわけがない。とにかく、まずは在宅型ホストと業者がやっている不在型ホストの区別をつけてもらいたいですよね。

何度でも言いますけどね、在宅型民泊というのはいいことしかないんですよ。うちの近くに、昭和チックなケーキ屋さんがありましてね。ほかにもカレーとかトーストとか食べられるわけですけど、そこの店をゲストの方々に紹介していたら感謝されましてね。

近所のタクシー会社もそうですよ。四人家族とかだと小型タクシーには乗れないですよね。それでアルファードのタクシーを私たちが予約してあげるようになったのですが、あまりに予約数が多いからということでお歳暮とかお中元をもらうようになりましたよ。

日本と中国の間、国と国の間には色々な問題がありますよね。でも、うちに泊まった人は絶対に『日本人はいい人だ』と思ってくれる。そんな若い子たちが将来色々な世界で上にいったときに、どれほどの国益になることか」

昔、「被爆者二世」を売りにした「偽ベートーヴェン」がいた。実を言うと、祖父がヒロシマで被爆した筆者は正真正銘の「被爆者三世」である。自分自身が被爆したわけでもあるまいし、「偽ベートーヴェン」を見るまでそれを売りにするという発想すらなかった。

ただ、これだけは言える。もしハリー・トルーマンが若い頃に日本を旅行して、在宅型ホストの民泊に泊まっていたなら、絶対に原爆など落とさなかっただろう、と――。

◆私利私欲だけのためにやっていると言ったら、大きな誤解である

今度はユイの独白である。

「マカオから男の子四人が年末に泊まりに来たんですよ。おせちを作っていたら、『それは何なのか?』『これは何?』とごぼうとかレンコンをみて興味津々になりましてね。『一緒に食べる?』と言ったら『ぜひ』となりました。食事を出してお金をもらったら違法ですけど、善意だから別にいいじゃないですか。

そしたらあちらもお礼というか、ミカンを干してしなびさせ、その中に茶葉を詰めるというお茶があるんですよね。それを作ってくれることになったんですよ。

でも、どうも作り方がわからないといって、その場でWechatで母親に問い合わせて、作ってくれたりしましたよ。そしたらレビューでも『本物の日本の正月が楽しめた』といってものすごく長くていいのを書いてくれたりしたんですよ。そういう人たちがリピーターになってくれて、友人にも紹介してくれる。いい人の友達だから、いい人しかいないんですよ」

このようにしてタエコとユイの一家は日本の国家安全保障に大きく寄与しているわけだ。一方、筆者がクソ真面目に優しく罵詈雑言に答えてあげると、次のようなのが返ってきた。

ero***** |  要は「オレは迷惑してない、小銭稼ぎの邪魔すんなバーカバーカ」かな。

このクズライターの主張は。 ――(Yahoo!ニュースコメント欄より)

単に「小銭稼ぎ」なら、筆者はすでにその目的を達成している。わざわざ公言する必要もない。正式に認可も取り、地元警察も町内会も応援してくれているわけだから、こんなところに書かなければ「邪魔」など一人もいない。

オンライン記事の原稿料などたかが知れている。この記事を月に何本か書いてもローン返済などできるはずがない。個人レベルの損得勘定なら、この連載は筆者にとっては圧倒的に「損」なのである。

にもかかわらず、批判を承知の上で筆者が書き続けるのはなぜか。ひとえにこのままではラグビーW杯と東京五輪に支障をきたし、日本の将来に影を落とすという「憂国の念」と在宅型ホストの民泊促進がどれほど国益にかなうのかという「国民啓蒙」のためにほかならない。

筆者の実績で「クズライター」なら、クズでないライターが誰か聞いてみたいくらいだが、この際だからはっきり言おう。タエコやユイ・筆者と、この匿名ero*****氏とは、根本的に人間としての器の大きさが違いすぎるのである。

【タカ大丸】

ジャーナリスト、TVリポーター、英語同時通訳・スペイン語通訳者。ニューヨーク州立大学ポツダム校とテル・アヴィヴ大学で政治学を専攻。’10年10月のチリ鉱山落盤事故作業員救出の際にはスペイン語通訳として民放各局から依頼が殺到。2015年3月発売の『ジョコビッチの生まれ変わる食事』は15万部を突破し、現在新装版が発売。最新の訳書に「ナダル・ノート すべては訓練次第」(東邦出版)。10月に初の単著『貧困脱出マニュアル』(飛鳥新社)を上梓。 雑誌「月刊VOICE」「プレジデント」などで執筆するほか、テレビ朝日「たけしのTVタックル」「たけしの超常現象Xファイル」TBS「水曜日のダウンタウン」などテレビ出演も多数。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
姉妹格差:男も金も手に入れた超絶美女の姉と、虐げられてきた妹。27歳の女が、結婚式で受けた屈辱
『月曜から夜ふかし』東京23区で最も家賃相場が安い駅を発表 マツコも「最果ての地」と納得
あんなに酷いことをしたのに、ふたたび愛を囁く夫。離婚届を手に入れた妻の、最後の決断とは
「2台分のスペースをまだいで駐車しているBMWがあった、ひどい!」→よく見たら責める気になれなかった
女子小学生「袴」卒業式で見えた、思春期教育の後進国ニッポン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加