【ロースビーフがおいしいブッフェ5選】旨味がジュワッ!名門ホテルの伝統の味や、ロゼ色のお肉を堪能できるブッフェまとめ

【ロースビーフがおいしいブッフェ5選】旨味がジュワッ!名門ホテルの伝統の味や、ロゼ色のお肉を堪能できるブッフェまとめ

  • OZmall(オズモール)
  • 更新日:2019/04/24
No image

【ホテルメトロポリタン エドモント】コスパも抜群!美食ホテルで味わう絶品ローストビーフ

No image

写真をもっと見る

最初にご紹介するのが、美食ホテルとして有名な「ホテルメトロポリタン エドモント」のダイニング・カフェ「ベルテンポ」。窯焼きのピッツァやホテルメイドのパンなど、質の高い料理を楽しめるのが特徴です。そして、2000円代とリーズナブルな価格設定でありながら、絶品のローストビーフも楽しめるという贅沢な体験ができます。

シェフが目の前でカッティングしてくれるローストビーフは、低温で2時間から3時間かけてゆっくりと火入れをしているそう。丁寧に焼かれたお肉は、しっとり柔らかな食感で頬張るたびに赤身肉の旨味があふれ出します。また、ガーリックソースや醤油わさびソース、淡路島の藻塩など、種類豊富なソース類が用意されているのも嬉しいポイント。いろいろお皿に添えて、食べ比べしてみるのもおすすめですよ。

【グランドプリンスホテル新高輪】また食べたくなるおいしさ。驚くほど柔らかなローストビーフ

No image

写真をもっと見る

「グランドプリンスホテル新高輪」の「SLOPE SIDE DINER ZAKURO」は、コースのようなワンランク上のブッフェを楽しめ、シェフのパフォーマンスも充実しているレストラン。職人が握るお寿司や、シェフが目の前で海鮮や厚切りベーコンを調理してくれる網焼き、その場で盛り付けてくれるジェラートなど、五感で堪能できる料理が揃っています。

もちろんローストビーフもそのひとつで、シェフがカッティングしてくれるスタイル。低温でじっくりと火入れしているから、その食感は驚くほど柔らか。一口味わえば、赤身肉のジューシーな旨味が広がり、また食べたい!と思わせてくれます。ぶどうを使ったバイオレットマスタードをつけていただくと、ふんわりと華やかで上品な甘さが加わり、また違った味わいを楽しめますよ。

【ホテルニューオータニ】伝統の味を堪能できるローストビーフ。希少牛の濃い味わいに感動

No image

写真をもっと見る

名門「ホテルニューオータニ」の「TOWER BUFFET」は、洋食、和食、中華、スイーツなど、ホテル内にある人気レストラン&パティスリーの味を一度に堪能できる極上のブッフェ。そんな中でもぜひ味わってほしいのが、ホテル伝統のローストビーフです。

ドンっと構える“塊肉”をシェフがカッティングしていく様子は、見応え満点。ついつい真剣に見入ってしまいます。こちらのローストビーフは、アメリカンビーフの中でもごくわずかしか取ることのできない希少な「USプライムビーフ」を使用していて、低温で焼き上げるお肉は、噛めば噛むほど旨味がジュワッ。赤身の力強く濃い味わいを楽しむことができます。

ここを訪れたら、麺処NAKAJIMA 贅沢肉うどんも食べてみてください。実はローストビーフをトッピングしていただく豪華な逸品なんです。ピリッと辛いコンソメスープもクセになりますよ。

【ウェスティンホテル東京】優雅な空間でいただく、ロゼ色のしっとり柔らかなローストビーフ

No image

写真をもっと見る

ヨーロピアンなエレガント空間でブッフェを満喫できる「ウェスティンホテル東京」の「ザ・テラス」。ライブ感あふれるオープンキッチンが魅力的で、窯出しのピッツァや肉・魚料理、カレー、パスタなど、国際色豊かな料理が並びます。

肉料理では、ローストチキンやテリヤキ・チキン、ラムのローストなどがあり、そんな中でも特におすすめなのが、シェフがカービングサービスしてくれるローストビーフ。調理方法にもこだわりがあり、お肉の中心温度が高くなったら一度ウォーマーに移しじっくりと火を通すことで、赤い肉汁が逃げず綺麗なロゼ色の仕上がりに。赤身肉とほどよい脂身がマッチします。

定番のホースラデッシュだけでなく、胡椒、ディジョンマスタード、ハーブソルトなど、いろいろなフレーバーでお肉を堪能できるのも嬉しいです。

【第一ホテル東京】ローストビーフのおいしさを引き立てる!和風赤ワインソースで召し上がれ

No image

写真をもっと見る

新橋駅直結の「第一ホテル」東京に位置する『世界バイキング「エトワール」』。洋食をはじめ、和食、中華、デザートと各ジャンルのホテルシェフが集結し、目も楽しませてくれるライブキッチンとなっています。チーズの中で絡めるパスタ、フォアグラ入りふわとろオムレツなど、シェフお手製の料理はどれも絶品。

特に人気のローストビーフは低温で中心部までしっかり火を通し、肉汁を逃さずに焼き上げ、柔らかくジューシーな仕上がりに。赤ワイン風味のオニオンソースでいただくのも特徴的で、薄くスライスしたローストビーフとソースがよく絡み、お肉とソースのおいしさを堪能できます。

ライスにのせてローストビーフ丼にしたり、パンにローストビーフを挟みカレーソースをかけて、ローストビーフカレーパンにしていただいたり。ほかのメニューと合わせてさまざまな楽しみ方ができるのも魅力ですよ。

この記事の詳細データや、体験した読者の口コミはこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あの「ウルフギャング」の“激うまハンバーガー”が今だけオトク!
「パリコレ学2」学院生のうそにアンミカは...『林先生の初耳学』5・19放送
スタバ行ってる場合じゃねえッ! ドトールが本気出した「ドトール珈琲農園」のパンケーキが激ウマ!!
東京23区内  駅から徒歩5分以内のそばの名店 10選
面白すぎる東京「あんぱん」6選 超薄皮からシロガネーゼ向けまで!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加