最新ランキングをチェックしよう
左右対称で抜けたら要注意!毛が抜ける犬の甲状腺の病気

左右対称で抜けたら要注意!毛が抜ける犬の甲状腺の病気

  • @DIME
  • 更新日:2016/11/30

■連載/ペットゥモロー通信左右対称で毛が抜けたら注意愛犬の毛が換毛期でもないのにごっそり抜けてしまった場合、皮膚病のほかに「甲状腺機能低下症」という病気の可能性も。その主な症状は、脱毛箇所が胴体付近で左右対称になっている、活力に欠け散歩からすぐに帰ろうとする、食欲不振にも関わらず太っている、尻尾の先が丸はげになっている、被毛がごわごわしている、お腹の皮膚の色が黒ずんでいる、暖かいにも関わらず震えて

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ステージ4の肺がん」宣告受ける数時間前の写真をFacebookに投稿した英女性
人によって差が出る"卵巣力"の素朴な疑問
集団食中毒事件を手掛けてきたプロが個人的に絶対食べない食品6選(アメリカ)
スマホを持たない女子高生が触っていたものは? 「切なくて泣きそうになった」「数年前までやっていた」と共感集まる
"死ぬまでSEX"に注がれる高齢者の熱視線
  • このエントリーをはてなブックマークに追加