最新ランキングをチェックしよう
左右対称で抜けたら要注意!毛が抜ける犬の甲状腺の病気

左右対称で抜けたら要注意!毛が抜ける犬の甲状腺の病気

  • @DIME
  • 更新日:2016/11/30

■連載/ペットゥモロー通信左右対称で毛が抜けたら注意愛犬の毛が換毛期でもないのにごっそり抜けてしまった場合、皮膚病のほかに「甲状腺機能低下症」という病気の可能性も。その主な症状は、脱毛箇所が胴体付近で左右対称になっている、活力に欠け散歩からすぐに帰ろうとする、食欲不振にも関わらず太っている、尻尾の先が丸はげになっている、被毛がごわごわしている、お腹の皮膚の色が黒ずんでいる、暖かいにも関わらず震えて

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“必死すぎる猫” を撮らせたら右に出る者ナシ! 売り切れ続出、話題の写真集『必死すぎるネコ』の写真家・沖昌之さんに話を聞いてみた
【ヤバイ】とある社長が自社名の関連検索で「ブラック」「倒産」と表示されることに激怒 → とった対策が漆黒すぎる
ストレスを和らげ免疫機能を向上させると言われている10のスーパーハーブ
ドミノピザ 1枚頼むと1枚無料 宅配でもOKに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加