最新ランキングをチェックしよう
左右対称で抜けたら要注意!毛が抜ける犬の甲状腺の病気

左右対称で抜けたら要注意!毛が抜ける犬の甲状腺の病気

  • @DIME
  • 更新日:2016/11/30

■連載/ペットゥモロー通信左右対称で毛が抜けたら注意愛犬の毛が換毛期でもないのにごっそり抜けてしまった場合、皮膚病のほかに「甲状腺機能低下症」という病気の可能性も。その主な症状は、脱毛箇所が胴体付近で左右対称になっている、活力に欠け散歩からすぐに帰ろうとする、食欲不振にも関わらず太っている、尻尾の先が丸はげになっている、被毛がごわごわしている、お腹の皮膚の色が黒ずんでいる、暖かいにも関わらず震えて

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マルチタスク、薄暗い照明、長い運転時間など。科学的に裏付けられた人間の知性を損なう10の事
うつ病の人が良く使う言葉には特徴がある。言語分析で「うつ語」の存在が明らかに(英研究)
【心理テスト】選んだクレヨンの色でわかる、あなたが心から望んでいる生き方
陰険だろ! 夫の両親が遊びにきた時に妻がとった最悪行動3選
「一定間隔でドン、ドン! 上の階からだと思ったら、原因は下の階の『ある遊び』で...」(福岡県・50代男性)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加