左右対称で抜けたら要注意!毛が抜ける犬の甲状腺の病気

左右対称で抜けたら要注意!毛が抜ける犬の甲状腺の病気

  • @DIME
  • 更新日:2016/11/30

■連載/ペットゥモロー通信

左右対称で毛が抜けたら注意

愛犬の毛が換毛期でもないのにごっそり抜けてしまった場合、皮膚病のほかに「甲状腺機能低下症」という病気の可能性も。

その主な症状は、脱毛箇所が胴体付近で左右対称になっている、活力に欠け散歩からすぐに帰ろうとする、食欲不振にも関わらず太っている、尻尾の先が丸はげになっている、被毛がごわごわしている、お腹の皮膚の色が黒ずんでいる、暖かいにも関わらず震えて寒がっている、顔の皮膚がブヨブヨになり哀しそうに見える、などです。

この病気は、甲状腺から分泌されるホルモンの量が減ることで起こります。治療にはホルモン剤の投与などが行われますが、その治療は生涯行っていくことがほとんどと言われています。また予防法がないといわれているので早期発見、早期治療が重要。気になる人はすぐに病院に相談しましょう。

文/大原絵理香(ペットゥモロー編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【気持ち分かる?】みんなの「小っせーけど、どうしてもイライラしてしまうこと」30連発
秋葉原の「オタク向け美容室」で推しポケモンの髪型にしてもらった
仰天!江戸時代の「避妊術」がスゴい
女として見れねぇ......! 「幼児体型な女性」の特徴6つ
「世の中ウソばっかり!」決定的に何かが間違ってる例いろいろ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加