イングランドの名守護神、バンクス氏が81歳で死去...66年W杯優勝メンバー

イングランドの名守護神、バンクス氏が81歳で死去...66年W杯優勝メンバー

  • サッカーキング
  • 更新日:2019/02/13
No image

81歳で死去したバンクス氏 [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

かつてイングランド代表の守護神として活躍したゴードン・バンクス氏が81歳で死去した。同氏が選手時代に所属していたストークが12日に発表している。

バンクス氏は1937年生まれで、選手時代はチェスターフィールドやレスター、ストークなどでプレーした。イングランド代表の守護神としても活躍し、1966 FIFAワールドカップ イングランドでは、自国開催大会で優勝メンバーに。1970年のメキシコ大会にも出場し、元ブラジル代表のペレ氏が放ったヘディングシュートを驚異的な反応で阻止。1966年から6年連続でFIFAの最優秀GK賞に輝いている。

1972年、自動車事故で負傷し、右目の視力を失った。アクシデントの影響は大きく、翌1973年に現役を引退。1977年に北米サッカーリーグ(当時)のクラブでもプレーした。2002年にはイングランドサッカー殿堂を受賞し、2004年には国際サッカー連盟(FIFA)の創設100周年を記念して開催された式典「FIFA 100」にて、ペレ氏選出の「偉大なサッカー選手100名」にも名を連ねている。

ストークは公式HPにて、バンクス氏のプロフィールや輝かしい実績を紹介したページを掲載。12日午前中のトレーニング開始前、選手やスタッフ陣が1分間の黙とうを捧げたことを報告している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
隙のない強さ、藤井七段=悪手ない相手をじわじわ劣勢に-将棋朝日杯
「C・ロナウドが最高」「パスを受けるのが好き」名手ビジャが示した“18の回答”が面白すぎる!
アトレティコがグリーズマンの決勝弾でラージョに勝利...リーグ戦の連敗ストップ
速すぎだろ...! 7歳の少年が「60メートルを8.69秒」&「100メートルを13.48秒」で走って大きな話題に
安藤優子、池江璃花子の白血病公表への発言に批判!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加