みずほFG、100拠点削減 構造改革原案公表、佐藤康博社長「経費と生産性にメス入れる」

みずほFG、100拠点削減 構造改革原案公表、佐藤康博社長「経費と生産性にメス入れる」

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/11/13

みずほフィナンシャルグループ(FG)は13日、検討中の構造改革の原案を発表した。グループ全体の従業員数を平成28年度末時点の7万9千人(非正規社員含む)から38年度末までに6万人に削減し、全国の店舗数は約500拠点から36年度末までに約400拠点に減らす。組織のスリム化とITの活用を柱に、生産性向上と経費率縮減を目指す。

佐藤康博社長は13日、東京都内で記者会見し「日本の金融機関は経費率が高く、1人当たりの生産性が低い。そこにメスを入れるのが構造改革の本質だ」と説明した。

中長期的には構造改革で、IT企業の参入が相次ぐ決済や送金などの分野でIT化を強化する。人工知能(AI)の融資審査などへの活用も進め、稼ぐ力をつける。一方、短期的には物品費や出張費といった経費の削減に取り組む。29年度上期に72.4%の経費率を、30年度には60%程度にまで縮減する。

構造改革は、収益力の低下を受け、4月から社内で検討してきた。今後、30年度の事業計画に加え、31年度からの次期中期経営計画に具体的な施策を反映させる。

No image

みずほ銀行の本店=東京都千代田区(山崎冬紘撮影)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三菱商事、東芝、メガバンク...大手企業を辞めた20代若手社員はどこに消えたのか? 先端テクノロジーに惹かれる若者たち
日本の宅配業者を救う旧くて新しい宅配ボックス
アマゾン、競合LINEのAIスピーカー販売禁止に 理由示さず...独禁法違反の可能性
日本一売れてるクルマN-BOX 新型の死角は純マイルドヤンキー仕様のデザイン!?
MT車が予想以上のバカ売れ...ホンダ シビック 新型、受注の半数近くがMT車に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加