世界で7000店舗超  「Taco Bell(タコベル)」神保町店がオープン

世界で7000店舗超 「Taco Bell(タコベル)」神保町店がオープン

  • ニュースウォーカー
  • 更新日:2017/10/11
No image

メキシカン・ファストフード「Taco Bell(タコベル)」の日本6号店が神保町にオープン。

全米を中心に世界で7000店舗以上を展開するアメリカ発のメキシカン・ファストフード「Taco Bell(タコベル)」の日本6号店が、12月下旬に神保町にオープンする。

【写真を見る】「Taco Bell(タコベル)」の看板メニューの「タコス」。メキシコ料理を手軽に味わえる。

「Taco Bell(タコベル)」は、1962年にアメリカ・カリフォルニアでグレン・ベル氏が生み出したメキシカン・ファストフードのブランドだ。注文を受けてから作られる「タコベル」のフレッシュなタコスやブリトーは瞬く間に人気を博し、タコスはアメリカ人にとって大人気の食べ物の一つとなった。その人気はいまでも拡大し続けており、全米を中心に世界で7000店舗以上を運営する世界でも有数のファストフードブランドとなっている。

「Taco Bell(タコベル)」のメニューの定番は、トウモロコシの粉や小麦粉を焼いたトルティーヤに肉やレタス、チェダーチーズなどの具材を入れた「タコス」や、お好みの肉、サルサ、ライスと野菜をトルティーヤで巻いた「ブリトー」だ。

また、たっぷりのチーズを使った「ケサディーヤ」や、ビーフ(またはポーク、チキン)、サワークリーム、カリッと揚げたトスターダ、とろとろのチーズソースに新鮮なレタスとトマトを重ねてトルティーヤで6角形に包み、香ばしくグリルした「クランチラップスプリーム」などがある。

いずれもオーダーを受けてから仕上げ、さらに肉などの具材やソースの辛さをカスタマイズできる楽しさを提供するのが特徴だ。みなさんも手軽に本格メキシコ料理を味わえる「Taco Bell(タコベル)」に行ってみてはどうだろうか。【ウォーカープラス編集部/井上咲太】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
京都の一流料亭が供する濃厚パフェは 抹茶本来の香りと甘みを実感させる CREA 2017年11月号
町田駅周辺のランチにぴったりなおしゃれカフェ8選
【SNS映えメニューが半額!】新宿に女子受け抜群のチーズ専門店がOPEN
【実食】ホテルの“上質ローストビーフ食べ放題”がやわらかジューシー大満足!「丸ノ内ホテル」限定ランチ実食レポ
Twitterに張り付かなきゃ食べられない!? 秋葉原の絶品タンシチューは「有休の味」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加