最新ランキングをチェックしよう
日中韓米露印EUが協力する「国際熱核融合実験炉」、35年にフル稼働=工費2兆円超、日中も巨額拠出―「原発よりはるかに安全」機構長が東京で宣言

日中韓米露印EUが協力する「国際熱核融合実験炉」、35年にフル稼働=工費2兆円超、日中も巨額拠出―「原発よりはるかに安全」機構長が東京で宣言

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2016/10/21

14日、日本、中国、韓国、米国、ロシア、インド、EUの7極協力による国際熱核融合実験炉機構のベルナール・ビゴ機構長が記者会見。2025年に運転開始、35年にフル稼働し、35年までの総工費は180億ユーロ(約2兆500億円)に達すると明かした。
2014年10月14日、日本、中国、韓国、米国、ロシア、インド、EU(欧州連合)の7極協力による「未来のエネルギー」国際熱核融合実験炉機構(ITER=イータ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ラーメンの幸楽苑が52店閉鎖へ。日高屋とどこで明暗が分かれたか?
ロシアの農業が大復活、一気に進んだ効率化
東京モーターショー2017──EV開発競争の現状は?
東芝が6000億円の増資決定 上場廃止回避へ
信用調査マンが解説する“企業の壊れ方”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加