W杯へ激化必至! トップ下争い...長澤、森岡、倉田が香川、柴崎らを脅かす

W杯へ激化必至! トップ下争い...長澤、森岡、倉田が香川、柴崎らを脅かす

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/11/14
No image

代表初招集の長澤はベルギー戦で存在感を示し、香川らを脅かせるか(写真:Getty Images)

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が率いる日本代表で今後競争が激化すると見られるのが攻撃的MFおよびトップ下だ。4‐3‐3(左右のインサイドハーフ)、4‐2‐1‐3、そして指揮官が“第三のオーガナイズ”としてあげた4‐3‐1‐2などいくつかの形が想定されるが、今回選ばれている森岡亮太、倉田秋、長澤和輝に加え、香川真司、清武弘嗣、柴崎岳など候補がひしめく。

ブラジル戦では中盤の三角形のトップ下気味の位置にボランチが本職の井手口陽介が入り、相手を守備ではめようとした。しかし、後半の高い位置からのプレスなどは機能した部分もあったものの、ボールを持った時に意図的にチャンスの起点を作るプレーがあまりできず、得意のミドルシュートにもなかなか持ち込めなかった。

相手がブラジルということもあり、なかなか評価が難しい面もあるが、「攻撃の時にどうしていいか分からないというのはいっぱいあったですかね」という井手口の言葉通り、彼の場合はトップ下のポジションに慣れないと難しい。ただ、インサイドハーフにボランチが本職の山口蛍と井手口を並べる4‐3‐3でも、攻撃面で井手口が担う役割に大きな違いはない。

現状では、井手口のトップ下は高い位置からの守備をかなり意識したオプションに過ぎない。速い攻撃が主体のハリルジャパンで明確にタメを作れるポイントが前線の大迫勇也か、乾貴士が入った時の左サイドしかなく、相当にパスワークのコンビネーションやDFラインのサポートを高めていかないと、カウンターが武器というより“カウンターしかない”チームになってしまう。

ベルギー戦では紅白戦の組み合わせから、代表初選出の長澤がインサイドハーフで先発する可能性が高まっており、守備のスタンダードを落とすことなく攻撃にクオリティーを加える役割が期待される。長澤はハリルホジッチ監督が攻守両面で大きな働きができる希少な選手として期待しており、屈強なMFが揃うベルギーを相手に守備はもちろん、効果的な攻撃の起点として機能すれば、重要な中盤のオプションに組み込まれる可能性もある。

そして、同じくブラジル戦で出番のなかった倉田は持ち前の運動量とパスセンスに加え、10月のニュージーランド戦、ハイチ戦で連続得点したようなに鋭い飛び出しからフィニッシュに直結するプレーが期待できる。攻撃的な中盤の役割をどこでもそつなくこなせる器用さも魅力だ。

「(井手口)陽介が相当、守備で広い範囲を埋めていたので、特に前半などは前にうまいこと運ぶことができなかった。ただ、そういうのは自分の特徴なので、それをやるイメージを持ちながらずっとアップしていました」

そう語る倉田は相手が強豪でもひるむことなくチャレンジできることも自らの特徴だと語っており、ベルギーを相手に存在感を発揮できれば大きなアピールになることは間違いない。

そして森岡だ。ブラジル戦は前半ですでに3点を取った相手がスローダウンしたことで、攻撃面でカウンターがはまりやすい状況になったとはいえ、森岡は効果的にボールを引き出しながら正確なパスでチャンスを作れていた。それまでの時間帯には見られなかった意図のある崩しが出てきたのは森岡のクリエイティビティによるところが大きい。

ワースランドベベレン(ベルギー)でのプレーを見ればわかるように、森岡は長澤や倉田よりさらにトップ下の色が強いキャラクターだ。これまで香川や清武が担ってきた役割をこなしながら、リーグ戦で7得点8アシストを挙げているように、決め手の部分でも力になれるポテンシャルを持つ。

3年前のブラジル戦で先発した時は相手のプレッシャーに気おされてほとんど何もできなかったというが、今回は「今日は感じなかったですし、外国人に慣れたのか、あのレベルの相手にも自分のプレーを出せる自信が前よりもついている」と胸を張る。現在、自身がプレーする国であるベルギーで存在価値を証明する準備は万端だろう。

今回の欧州遠征の位置付けを考えれば ハリルホジッチ監督がトップ下候補を新たに選んだこと自体、かなりのチャレンジである。彼らのベルギー戦での出来が、今回はメンバー外となった香川や、ケガで離脱していた柴崎、12月に国内組で臨む東アジアE‐1選手権(旧東アジア・カップ) で主力の一角を担うであろう清武などの処遇にも大きく影響するはずだ。

今回の欧州遠征とE-1でのテストで人選を見極め、来年3月に予定される2試合を経て、5月にワールドカップに挑む最終メンバーが発表される流れとなる。選手たちにとっては限られた代表合宿や試合でのアピールに加えて、クラブで継続して試合に出場し、結果を残していくことが求められる。特に攻撃的MFの3、4枚の枠を巡っては最後まで激しい競争になりそうだ。(文・河治良幸)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【コラム】復活した日本屈指の技巧派MF清武弘嗣...E-1選手権でラストアピールへ
乾貴士がフル出場で快勝「久しぶりにはまった」
もしあれが「雪の決勝」じゃなかったら? 当時の本山雅志が考えていたのは意外にも...
相手は流経柏か、市船か...初出場の大分西は主将「うれしい」指揮官「最高!」と前向き
<サッカー>ロシアW杯予想「日本はGL突破、韓国は敗退」―中国コラム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加