即位儀式で使う「高御座」公開 8月にも極秘移送へ

即位儀式で使う「高御座」公開 8月にも極秘移送へ

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/04/17
No image

動画を見る(元記事へ)

来年10月、新天皇即位を宣言する儀式で使われる玉座が公開された。

新天皇が即位を国内外に宣言される玉座高御座と新皇后が立たれる御帳台が公開された。奈良時代からの伝統を持つ高御座。特徴的な八角形は大八嶋国と呼ばれた日本の国土を表すともいわれる。中には、畳と敷物を敷いた上に漆仕上げの椅子が置かれる。今の天皇陛下も使われたこの高御座は約100年前、1915年の大正天皇の即位式に際し新たに作られたもの。来年10月の即位礼正殿の儀で皇太子さまも、この高御座から即位を宣言される。そこで現在、京都御所にある高御座と御帳台を皇居へ輸送しなければならない。前回、高御座は過激派の攻撃対象になったため、京都から東京・立川までは自衛隊のヘリで空輸。そこから厳重な警備で都内を陸送し、皇居に到着した。今回、京都からは陸路で運ぶことになるとみられ、8月にも輸送することで調整中だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「嫌いなジャニーズ2018」1-15位を発表!
TOKIO山口達也もやっぱり「ZIP!の呪い」か ココリコ田中にMAKIDAI、MCが次々と...
ブルゾンちえみ、サンドウィッチマンに挟まれるも“後ろの人”に注目集まる
【悲報】山口達也の書類送検を受けネットの一部では「女子高生の特定」が始まったもよう / 落ち着け、犯人は山口達也なんだ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加