コストナーSP2位「うれしい」地元ファン応援感謝

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/14

<フィギュアスケート:ロンバルディア杯>◇14日◇イタリア・ベルガモ◇女子ショートプログラム(SP)

地元イタリアのカロリナ・コストナー(30)が71・67点の好得点で2位につけた。

最初のジャンプとなった3回転フリップ-2回転トーループをきれいに決め、長い手足を生かしたスケーティングでも経験値の高さを示した。リンクを離れても笑顔があふれ「とてもうれしい。いいスタートだと思う。今やっていることは徐々に芽が出てきている。まだ多くの実を収穫できるようにやっているところ」と喜んだ。

五輪には06年トリノから3大会連続出場。14年ソチ五輪で銅メダルを獲得するなど、世界的な知名度を持つベテランは「ホームで皆さんにお見せできるチャンスだし、これまで応援してくれている人たちに感謝しています。1歩ずつ歩んでいきたい」とキッパリ。衰えはまだ、感じさせない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オリンピックシーズン開幕!注目選手を総ざらい【シニア女子・前編】
坂本花織が帰国、涙の4位から「切り替えました」
本田真凜、シニアデビュー戦で示した“進化” 表現力で高評価並ぶ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加