神戸国際大付が夏甲子園初勝利 谷口が逆転3ランなど2発

神戸国際大付が夏甲子園初勝利 谷口が逆転3ランなど2発

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/13
No image

7回神戸国際大付、1死一、三塁、右翼に逆転となる3ランを放つ神戸国際大付・谷口嘉紀=甲子園(撮影・神子素慎一)

「全国高校野球選手権・2回戦、神戸国際大付5-4北海」(12日、甲子園球場)

神戸国際大付(兵庫)が夏の甲子園初勝利。昨年準優勝の北海(南北海道)に逆転勝ちで3回戦へ進んだ。

北海は二回、6番・井上雄喜外野手(3年)の中前適時打で先制。三回にも敵失がからみ、5番・渡辺佑汰外野手(3年)の適時打で1点を追加した。

三回に1点を奪った神戸国際大付は六回に6番・谷口嘉紀外野手(2年)の左翼ソロでさらに1点をかえした。2-4の七回1死一、三塁で、谷口が2打席連続となる3ランを右翼へ放ち、逆転した。

谷口は試合後、「ホームランより1勝できたことがうれしい。3年生を助けることができてうれしかった。対左投手への練習通り打てました。(1本目は)初めてあんなに飛びました。(2本目は)初めて右方向へ打てました」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
夏休み真っただ中の3連戦は連日大盛況 “集客につながる”オリのイベント
巨人・宇佐見、1号がサヨナラ本塁打!球団5人目の快挙「最高です!!」
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
盛岡大付3番植田2打席連発、両軍5発の乱打戦制す
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加