池の土手で猫の切断死体みつかる 動物愛護法違反の疑いで捜査

池の土手で猫の切断死体みつかる 動物愛護法違反の疑いで捜査

  • sippo
  • 更新日:2016/10/18
No image

14日午後2時半ごろ、兵庫県姫路市町坪の池の土手で、池の周囲にネットをはる作業をしていた男性(51)から「切断された猫の死体がある」と飾磨署に通報があった。頭部と左前足、尻尾が切断された猫1匹の死体があり、署は人に切られた可能性もあるとみて、動物愛護法違反容疑で捜査している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2歳女児 一夜明け無事保護「よかったよかった」
衝突事故で車のシートに「顔面魚拓」が!―英メディア
踏切で一時停止した車にトラック運転手が激高、鈍器でドアガラスを殴る動画が拡散中 会社側は非を認めて謝罪
生後2か月の孫暴行死 祖母を逮捕
山中の斜面に一人きり 2歳女児発見時の様子が...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加