最新ランキングをチェックしよう
池の土手で猫の切断死体みつかる 動物愛護法違反の疑いで捜査

池の土手で猫の切断死体みつかる 動物愛護法違反の疑いで捜査

  • sippo
  • 更新日:2016/10/18

 14日午後2時半ごろ、兵庫県姫路市町坪の池の土手で、池の周囲にネットをはる作業をしていた男性(51)から「切断された猫の死体がある」と飾磨署に通報があった。頭部と左前足、尻尾が切断された猫1匹の死体があり、署は人に切られた可能性もあるとみて、動物愛護法違反容疑で捜査している。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
約300円で仕入れた“アディダス”を5000円で販売
東海地方で“電線から火花”通報相次ぐ
「おいしくない」不評の学校給食で“異物混入”
東大、東北大...国立大学で進む「雇用崩壊」の大問題
【報ステ】両陛下 私的旅行で渡来人ゆかりの神社へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加