最高裁、八木死刑囚の再審請求棄却を決定

  • TBS News i
  • 更新日:2016/11/30
No image

埼玉県本庄市の保険金殺人事件で2件の殺人などの罪に問われ死刑が確定した八木茂死刑囚の再審請求について最高裁は特別抗告を棄却する決定を出しました。

この事件は八木茂死刑囚が1995年から99年にかけて多額の保険金をかけた男性に猛毒のトリカブトが入った、あんパンを食べさせ殺害したなどとして2件の殺人などの罪に問われたもので、2008年に死刑が確定しています。

八木死刑囚側は1件の殺人についてトリカブトによる毒殺ではなく、川で「溺死」したものだと主張して裁判のやり直し「再審」を求めていましたが、最高裁第3小法廷は28日付けで死刑囚側の特別抗告を棄却する決定を出し、再審を認めないとした1審と2審の判断が確定しました。(29日21:11)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
上西議員、東大法学部卒の国会議員は絶対逮捕されない「みんな知ってる」
飲酒運転隠すため飲酒...被害少年が恐怖語る
狂乱のASKA逮捕劇! その裏で、NHKクルーが怪しげな行動......「一目散に現場を離れていった」
わずかな衝撃でも...白い粉末は爆発物と鑑定
「室内から異臭が...」アパートに男女の遺体 親子か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加