最新ランキングをチェックしよう

国交省、ドライバーの地域間融通を検討 早ければ来年度にも実証実験

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/10/13

観光シーズンの大型バスドライバー不足の緩和に向け、国土交通省は12日、観光地ごとに異なる需要期を活用したドライバー地域間融通について検討を始めた。繁忙期におけるドライバーの負担を軽減するほか、閑散期にある事業者の経営改善につなげる。国交省はニーズを調査した上で、早ければ来年度にも事業者同士の実証実験を行いたい考えだ。
 閑散期の観光地にある貸し切りバスのドライバーを、同時期に繁忙期を迎える別の観光

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
赤信号をわざと無視 時速100キロで事故 19歳少年
元若島津の二所ノ関親方 命別条なし 頭部緊急手術受けるも...
父をひき逃げで殺された遺族が「衝撃の動画」を公開
【報ステ】三軒茶屋駅で停電...通勤客14万人に影響
韓国高速鉄道、時速300キロで走ったら線路の破損が5倍に激増=韓国ネット「つまりは手抜き工事」「中国の高速鉄道を輸入して」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加