稀勢の里、初日黒星発進 平幕の玉鷲に不覚...3度立ち合い不成立

稀勢の里、初日黒星発進 平幕の玉鷲に不覚...3度立ち合い不成立

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

◇大相撲九州場所 初日(2017年11月12日 福岡国際センター)

No image

横綱・稀勢の里

大相撲九州場所は12日、福岡国際センターで初日を迎え、4場所ぶりの優勝を目指す横綱・稀勢の里が平幕の玉鷲に敗れた。

3度立ち合いが不成立。館内がどよめく中、4度目の立ち合いで先に押し込んだ稀勢の里だったが、玉鷲の逆襲を受け押し出された。

横綱としては初めての九州場所となった稀勢の里。3場所連続休場からの再起を期し、順調な調整を続け場所前には「しっかり準備ができた。平常心でを迎えられれば」と手応えを口にしていた。不戦敗以外では負けたことのない玉鷲に不覚を取り、黒星発進となった。

一方の玉鷲は2場所連続で7勝8敗と負け越し、6場所連続で守ってきた三役から陥落しての場所となったが初日に金星を獲得。幸先の良いスタートとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元小結旭鷲山「あの部屋の人を殴ったのが間違い」騒動は貴乃花親方の“異質さ”
日馬富士、年内に引退へ 貴ノ岩も引退濃厚...貴乃花親方に理事引責辞任の要求高まる
日馬富士のブチ切れの“瞬間”を飲食店関係者が証言 鳥取の歓楽街は「あの殺人事件以来の大騒ぎ」
白鵬が初黒星「待った」効かず、自ら手を挙げて“物言い”も軍配通り
白鵬の態度に山科審判長苦言「待った、と言いたいんでしょ。手はしっかりついていた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加