Apple Watch文字盤図鑑その19 - モジュラー

Apple Watch文字盤図鑑その19 - モジュラー

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/10/24
No image

OSがアップデートされる度に種類が増えている、Apple Watchの文字盤デザイン。それぞれの特徴や使いこなしのポイントを紹介します。今回は「モジュラー」です。

○複数の情報をコンパクトにまとめた「モジュラー」

「モジュラー」はApple Watchデビュー当初からある文字盤の一つで、当時はもっともコンプリケーションが多く配置されたデザインでした。現在も、Apple Watch Series 3以前のモデルで情報量の多い文字盤を選ぶなら「モジュラー」が筆頭でしょう。

カラー選択で「マルチカラー」を選ぶと各コンプリケーションの色で表示されます。特定のカラーを選んでバンドとコーディネートすることもできます。

○情報量と実用性

コンプリケーションは中央にある大きい枠1つと、アイコン表示の枠4つの合計5カ所。大きい枠はテキストを3行表示できるので、カレンダーやリマインダー、アクティビティなど、情報の詳細が一目でわかります。情報量が多めの割に画面が整理されているため視認性が良く、iPhoneの"出張所"となる手元の情報端末として活用するのに最適です。

なお、Apple Watch Series 4以降ではさらにコンプリケーションが多く、大きくなった「インフォグラフモジュラー」が利用できます。

○おススメの使い方

Apple Watch Series 3以前のモデルで情報量の多い文字盤を使いたい場合におススメ。ガジェット感を求めるなら「マルチカラー」、スッキリデザインなら単独カラーを選ぶと良いでしょう。

また「インフォグラフモジュラー」だと賑やかすぎるとお思いの方にも、情報量をあまり減らさずちょっと控えめなデザインにすることができるのでおススメです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ビックカメラ、都内2店舗で各種iPhoneのSIMフリー版を11月22日に発売
進化したAppleのマップ、カバー範囲が米国土の51.4%まで拡大
【取材】12月前半オープン?Apple Store最有力候補値の現在と開店日予測
iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max用Smart Battery Case、1万4800円で本日発売
AirPodsがiPod(U2モデル含む)に変身するケース、elagoが発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加