レキシ、みんなで納める“年貢コール”! サザン、ユーミンのボケも<RIJF>

レキシ、みんなで納める“年貢コール”! サザン、ユーミンのボケも<RIJF>

  • ザテレビジョン
  • 更新日:2018/08/11
No image

観客が稲穂を持って待ち構える中、十二単姿のレキシが登場!

【写真を見る】俵を掲げながら歌うレキシに、稲穂を掲げながら“年貢コール”を納めるファン

2018年8月4日、5日、 11日(土・祝)、12日(日)の4日間にわたり、茨城・国営ひたち海浜公園にて開催されている国内最大のロック・フェスティバル「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」。ミュージシャン・レキシが、8月5日に登場。自由なパフォーマンスで観客の心をわしづかみにし、終始、笑い声が絶えないステージとなった。

レキシ、十二単(ひとえ)をはためかせながら華麗に回転!

ファンがグッズの稲穂を持って出迎える中、和の音色とともに十二単姿のレキシが姿を現し、そのまま「SHIKIBU」でキックオフ。

紫式部がテーマとなる同曲の「派手な羽織も 乱れそめにし」という歌詞の部分で、レキシは衣装をはためかせながら回転する他、「ここ打ったの!」と登場して転んだ際に打った肘を何度も指し、会場からは早くも笑い声が上がる。

サビであおると、観客は一斉に応えていき、その様子を見たレキシはうれしそうに「ありがとう〜! きたよ〜! はじめまして、ロックインジャパン!」とあいさつ。

そして、「いきなりこけたよ〜! 暑いのにこんなん着ているからね」と十二単を指さし、「十二単脱いでいい? 『SHIKIBU』終わったからね」と衣装替えする自由奔放なレキシに、観客からは温かい視線が送られる。

レキシ、自由奔放なパフォーマンスを披露!

着替え終わると「どうも初めまして。My Hair is Badです。My Hair is “アフロ”です」とボケてみせ、「じゃあ、行こうか〜! 昨日もやったけれど」と、8月4日にもロックバンド・キュウソネコカミが披露していた「KMTR645」を歌っていく。

2016年にリリースしたアルバム『Vキシ』で松たか子、ASIAN KUNG-FU GENERATION・後藤正文らとコラボしたレキシ。「KMTR645」は、同アルバムでキュウソネコカミとコラボし、共に“ライブが面白い”アーティスト同士のコラボが、ファンの間で話題となっていた。

そんな同曲で、レキシはステージの端から端までを走り出し「一緒にレキシと遊ぼう〜!」と元気よく叫び、「ギター!」と紹介。さらに、「X!」と手をクロスして跳ぶよう観客に指示するなど、自由気ままに振る舞っていた。

サビで「キュキュキュ」と歌うところをファンは「Q」のポーズの振り付けを楽しそうに踊り、その様子を見たレキシは「ありがとう! Q! ありがとうございました!」と何度も感謝を述べ、大ジャンプを披露。

俵を掲げながら「年貢 for you」を披露!

そして、「あらためまして、初めてのロックインジャパン! “キュキュキュ”やったところで、みんなで年貢を納めていこうかなと!」と「年貢 for you」へつなげる。

「ロックインジャパン一番似合わねえよ、俵」とポツリ本音を漏らしながらも、俵を掲げながら歌いだしたレキシに、観客はゆっくり手を振り、「年貢」を連呼した“年貢コール”を納めていく。

拍手と歓声が沸き起こる中、レキシはあちこちを指さしはじめ、「年貢 for you。And it's my life」と再び会場を笑わせた。

「初めましての曲いいですか?」

その後のMCでは「じゃあ、ちょっと初めましてのロックインジャパンで、初めましての曲いいですか? いいの、ゲゲゲ? ゲゲゲのエンディングの方やってみますか〜?」と会場の温度を確かめつつ、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビ系)エンディングに起用されている主題歌「GET A NOTE」を披露。

こぶしを振り上げ「ゲゲゲ」の掛け声の練習時間を挟んだが、本番ではタオルを振り回し、フロアをカラフルな光景に染め上げた。

レキシは「タオルありがとう!」と感謝の気持ちを口にしつつも、「『新曲やります!』って言って、一番盛り上がるのが『新曲やります!』って言ったときだけやな」とツッコミを入れる。

稲穂のコール&レスポンスが沸き起こる!

続けて「初めてのロックインジャパンですけれども、残り2曲になりました。さっきから持ってる、その稲穂を振るときが来たんですよ!」と会場を盛り上げると「どうりで新曲でシンとするわけやな。いつからこんなことになったんですか。レキシ、イコール稲穂ですよ」と観客を笑わせた。

一斉に稲穂を振る観客に対し、レキシは「あんまり振ると壊れますから」と注意しつつ、「じゃあ、その稲穂を振る曲をやりましょうかね」と「狩りから稲作へ」へつなげていく。「縄文土器 弥生土器 どっちが好き?」と歌う箇所では、大合唱が沸き起こり、ファンは笑顔でゆっくり手を振っていた。

途中、「そう、あなたが好き!」と歌詞を変えると、ファンからは拍手と歓声が上がり、「じゃあ、暑いやろから、無駄に買った稲穂を使ってしまいましょう。持っていない人は手で稲穂の気持ちになりましょう」と指示していくレキシは、「持っている人の方が恥ずかしいですから」という冗談も交えていく。

サザンと絡めたボケ連発!?

さらに、レキシは身に着けたリストバンドを指さし「これ時計?」とボケたかと思いきや、「今何時? そうね、だいたいね!」と同フェス最終日となる8月12日(日)に出演するサザンオールスターズの「勝手にシンドバッド」と絡めるネタを披露した。

その後、稲穂のコール&レスポンスを行うと、「すごいね、稲穂降り出したら森にカラスが飛び出したよ」とコメントし、「じゃあ、みんなで倉庫に納めるよ!」と今度は高床式のコール&レスポンスも実施。

また、高床式という言葉から「高岡早紀さん、高岡早紀さんはいらっしゃいますか?」とボケると、観客からはあちこち手が上がる。

「たくさんいる、たくさんいる、自意識過剰過ぎる」とコメントするレキシを、温かい笑い声が包み込んだかと思いきや、「劇団四季!」と再びボケる展開に。

歓声が上がる中、レキシは「本当にいつもいつもですけれど、ここだけいつも歓声が上がる! キャッツ一言でこんなに盛り上がる! すげぇな」と大爆笑。

続けて「俺が胸さわぎする、ある意味俺が胸さわぎだ。内緒にしていてくださいね」と再びサザンと絡めた発言に、観客からも笑いが止まらない。

レキシ、ユーミンに謝罪!? 「ユーミンさんごめんなさい!」

今度は「稲よ、この木、稲よ、まぶた閉じればそこに 怒られる声がする 干されるレキシです」と松任谷由実の「春よ、来い」をレキシがアレンジした歌詞で歌いだし、続いて「最後にみんなで一緒に歌ってね」と“縄文土器 弥生土器 どっちが好き?”と再び大合唱が沸き起こる。

そして、カメラマンを捉えたレキシは「駄目だ、カメラマンさんがピクリとも笑わない。もしかしたらユーミンさんの関係者の方かもしれない。先に謝っときます、ユーミンさんごめんなさい! ユーミンが好き~!」と「狩りから稲作へ」を締めくくった。

今度は武士のコール&レスポンス!

ラストを飾ったのは「きらきら武士」。馬にまたがる他、手を振る観客に扇子を振るなど、個性的なパフォーマンスで最後までしっかり観客を魅了したレキシは「最初で最後のロックインジャパン、超楽しかった! 今日も暑いので、気をつけて楽しんで帰ってね!」と武士のコール&レスポンスを行う。

「どうもありがとう! レキシでした!」と何度もあいさつしたレキシは「レキシはいつも(時間が)押してきたのに、どうやら尺ぴったりのようです」とコメント。

最後に「やっと実感してきた! ありがとうございます!」と感謝の気持ちを述べ、マイクを掲げてステージに乗せ、再び拾い「バンドのメンバーありがとうございました!」とあいさつし、こけながらも会場を後にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
AAA、V.I(from BIGBANG)、E-girls、三浦大知ら豪華ライブに、5万人が熱狂『a-nation』大阪、初日レポート
フロム新作『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』2019年3月22日に世界同時発売!
あいのり世代以外にも知ってもらいたい!「旅立ちの日に・・・」デビュー15周年を迎えた、川嶋あいライブ特集をiBEYAにてオンエア
DA PUMPのU.S.AをCYBERJAPAN DANCERSが全国パリピに向けてRemix!
BUCK-TICK、LINE LIVE特番にてライヴ映像作品の完全生産限定盤パッケージを初公開

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加