1カ月の雨量が24時間で...河川氾濫の恐れ、避難指示

1カ月の雨量が24時間で...河川氾濫の恐れ、避難指示

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/09/17
No image

動画を見る(元記事へ)

九州に接近中の台風18号の影響で秋雨前線が刺激され、宮崎県では激しい雨が降りました。

(社会部・松井康真記者報告)
宮崎空港の目の前を走る国道220号です。隣を並行して流れる橋が架かっている蛎原川の水が完全にあふれました。国道の両脇の水田は辺り一面、今も冠水しています。この国道のそばで立ち往生している車を16日朝に発見しましたが、乗っていた人々は無事に救助されました。地元の人に話を聞いています。
地元の人:「(雨は)朝方、強かったですね。これだけ水が出たのかなと。びっくりした」
宮崎空港がある赤江地区では、9月の1カ月の平均降水量を超える386ミリの雨が正午までのわずか24時間で降り、観測史上最大となりました。また、宮崎市の南部を流れる加江田川の水位が上がり、氾濫する恐れが出たため、38世帯に一番強い「避難指示」、そして247世帯に「避難勧告」が出され、今も継続中です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
撮影は刑事罰でも、機内セックスにはおとがめなし!? 独パイロットが飛行中の機内で淫乱スッチーを盗撮
NY市警察で働く日本女性、危険な街で仕事続ける理由
イギリス「成熟」のナゾ〜なぜいまだに世界の金が集まるのか
豪で皮膚の欠損招く感染症広がる、有袋類の急増に関係との見方も
カーダシアン一家を「殺す」と脅迫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加