浅草駅に「パンダPepper」現る すごい見た目

浅草駅に「パンダPepper」現る すごい見た目

  • ITmedia NEWS
  • 更新日:2018/02/15
No image

東京メトロは2月15日から4月10日までの期間限定で、浅草駅にロボット「Pepper」を配置した。中国の春節に合わせ、パンダに扮している。

No image
No image

配置場所は銀座線浅草駅の雷門改札口付近。設置時間は午前10時から午後5時まで。

Pepperには東京メトロ独自のアプリが導入されており、「雷門」「浅草花やしき」「東武浅草駅」「都営浅草駅」の4カ所を、胴体部のディスプレイを使って案内する。対応言語は、日本語、英語、中国語(簡体字)の3言語。

パンダの装飾は東京メトロが独自に施したもので、ボディーのパンダ模様や頭部の耳が特徴。耳はしっかりと形を保ちつつも弾力性のある素材でできており、安全性に配慮されている。また、今回は法被を着用し、浅草らしい雰囲気を出したという。

No image
No image
No image
No image
No image

パンダPepperが導入されるのは、2016年12月1日から17年3月31日まで試験配置した上野駅に続き2度目。前回の利用実績を考慮し、訪日外国人の利用が多い浅草駅に配置駅を変更した。また、機能や言語も前回に比べ絞られていることが分かる。

太田智美

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
埼玉・新座市で男性刺殺、殺人の疑いで逃げた人物追う
コストコ ハム詰め合わせから「リステリア菌」検出 回収へ
「コーヒーがない!」女性客が大暴れ... 中央線遅延トラブルの一部始終目撃談
コインチェック仮想通貨流出 捜査本部を設置へ
左手にスマホ右手に飲み物で左耳にイヤフォンのまま自転車に乗り77歳女性を死なせた女子大生に怒りの声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加