気候変動観測衛星「しきさい」の機体を公開 JAXA

気候変動観測衛星「しきさい」の機体を公開 JAXA

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/09/15
No image

動画を見る(元記事へ)

JAXA(宇宙航空研究開発機構)は、新しい気候変動観測衛星「しきさい」の機体を報道陣に公開しました。

JAXAの筑波宇宙センターで公開されたしきさいは、重さが約2トンで、太陽電池のパネルを広げると16.5メートルになります。しきさいは、地球上の様々な波長の光を捉えるセンサーを搭載していて、中国の砂漠などから日本に飛んでくる「黄砂」を宇宙から鮮明に確認できるようになるということです。他にも、大気中に含まれる太陽光を反射する微粒子の観測ができ、地球温暖化の予測に役立つと期待されています。しきさいは今年度中をめどに、種子島宇宙センターから打ち上げられる予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“太陽電池の権威者” 韓国人教授もノーベル賞有力候補に=韓国ネット「え?韓国人が?」「“最初”は日本人のはず...」
関節リウマチの薬シムジアはどれくらい効く?副作用は?
ぶどうのポリフェノール がんの増殖・転移も抑制 信州大
「ノーベル生理学・医学賞」山中伸弥氏登壇 京都でiPS細胞研究のシンポジウム開催
臓器や器官はなぜ決まった同じ形になるのか、メカニズムを解明 - 横浜市大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加