最新ランキングをチェックしよう
高木美帆 うれし泣き銀も...わずか0秒20差に「1番を獲れなかったのは凄く悔しい」

高木美帆 うれし泣き銀も...わずか0秒20差に「1番を獲れなかったのは凄く悔しい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/13

◇平昌五輪スピードスケート女子1500メートル(2018年2月12日 江陵オーバル)

<平昌五輪スピードスケート>女子1500メートル、デヴィット・ヨハンコーチの胸で泣く高木美帆

 うれし涙が止まらなかった。高木美帆(23=日体大助手)が1分54秒55でスピードスケートの個人種目では日本女子史上初となる銀メダルを獲得した。
 涙がかわいた表彰台。高木美は「改めて表彰台に立ってみて、1番を獲れ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加