年金試算で与野党対立激化 制度改革法案の審議

年金試算で与野党対立激化 制度改革法案の審議

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19
No image

年金の支給額を改定する「年金制度改革法案」の審議を巡り、与野党の対立が激しくなっています。

塩崎厚生労働大臣:「我々としては、試算結果を示して真摯に対応している」
民進党・山井国対委員長:「試算は出てきたが、極めて問題のある試算だ。責任ある現実的な数値を改めて出し直してほしい」
厚生労働省は17日、仮に今回の法案に沿った改定を10年前に実施していた場合の試算を公表しました。それによりますと、現在、年金を受け取っている人の支給額は今より3%減る一方、将来は7%増えるなどとなっています。野党は「賃金が一度も下がらない前提で試算されている」「非現実的な数値だ」と反発していて、審議を始める条件として試算の出し直しを要求しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
メタルバンドのドラマー逮捕、大麻所持の疑い
“なぜ学校の謝罪がないの”避難児童が訴え
職員だけが謎の眠気やふらつき 愛知県の介護施設
外出危険...北は大雪吹雪に注意
タクシーがワゴン車に衝突、歩行者の女性はねられ死亡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加